診療科・部門のご案内

産科・婦人科/産科

当院の産科部門(成田バースセンター)でのご出産について

妊婦さんとそのご家族はさまざまな思いや希望をもって出産に臨まれることと思います。
成田バースセンターの産科部門ではそうした皆様の多様なニーズに幅広く寄り添えることを心がけています。
また、先進的な医療をご提供する大学病院として、医療の安全性確保と同時に、病室の快適性や産後の食事についてもご満足いただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。

特長

1.「和痛分娩(いわゆる無痛分娩)」を行っています

ご希望の方には、硬膜外麻酔法による麻酔を行う和痛分娩を実施します。一般的には無痛分娩という名前で呼ばれてるものと同じ方法ですが、私たちは「和痛」分娩と呼んでいます。硬膜外麻酔は陣痛の痛みを抑える強力な方法ですが、痛みが抑えられても分娩という立ち向かわなければならないハードルが消える(無となる)わけではなく、和痛分娩によって、妊婦さんが勇気を持って和やかな気持ちで分娩を乗り越え、赤ちゃんを迎えていただきたいと考えています。
和痛(無痛)分娩についてはコチラ

無痛分娩実施施設 公開情報

2.「立ち会い出産」を行っています

当院は、赤ちゃんの誕生をお二人で迎える時間を大切にしたいと考えています。
2022年12月から、パートナー(夫)の立ち会い出産を開始しました。
これまで何人もの方々の感動を共有できたことは私たちの喜びです。
立ち会い出産についてはこちら


【ご注意】新型コロナウイルスに対する感染対策として、出産の立ち会いに際しては病院到着時に抗原検査での陰性確認を受けていただく必要があります。

3.妊娠をめざす方のための専門外来「妊娠よろず相談外来」

妊娠をめざすうえでのご心配事を解消します。
近年は晩婚化・晩産化の影響もあり、

  • 妊娠したくてもなかなかできない(不妊症)
  • 妊娠しても流産や死産となってしまった(不育症)
  • 過去の妊娠で異常があり次の妊娠が心配
  • 子宮や卵巣に病気があってこのまま妊娠してよいか分からない
  • 持病があって妊娠に問題が生じないか不安がある

など、妊娠に対してさまざまなお悩みを抱えた女性が増えています。 しかし、そうしたお悩みの相談先は多くないのが現状です。

そこで、当院の成田バースセンターでは、妊娠前のあらゆる悩みに対して医学的な観点から適切なアドバイスを行い、必要であれば治療およびその後の妊娠計画を設定する専門外来として、「妊娠よろず相談外来」を毎週金曜日午後に開設しています。
受診をご希望の方は当院の予約センター(0476-35-5576)までご連絡ください。
「妊娠よろず相談外来」について

4.「出生前診断外来」を開設しました

胎児の異常が心配な方に、さまざまな検査をご提供します。
出生前診断外来についてはコチラ

5.チームで支える安心のお産

成田バースセンターでは、経験豊富な医師や助産師・看護師が24時間、妊婦さんのさまざまなご要望にお応えしながら、きめ細かなカウンセリングをはじめ、新生児や産褥のこと、妊娠期から産後のお悩み、さらに母乳外来でご相談をお受けするなど、チームで大切なお産に取り組んでいます。

チームで支える安心のお産

6.かけがえのないご出産を最良の環境で

大切なご出産に際し、お一人おひとりの大切な空間をご用意します。ゆったりとした開放感たっぷりの個室、プライバシーを確保しながら居住性を高めた明るい4床室など、さまざまなタイプをご用意しています。

個室

個室

4床室

4床室
7.お産前後のママを食事面からサポート。ご出産後にはお祝い膳のご提供も

これから始まる育児に向かうママをお食事面からも応援します。管理栄養士がご体調を第一に考慮しながら美味しさと栄養バランスを追求したメニューを監修し、当院のレストランの料理長とコラボレーション、自慢のお食事を毎日心を込めてお届けしています。
また、ご出産後には当院からお祝いのお食事のコースをプレゼントいたします。熟練のシェフが腕をふるったお食事を、空港が一望できる8階レストラン・オーブでご家族とともにお楽しみください。

お祝い膳(一例)

お祝い膳(一例)

産後食(朝食の一例)

産後食(朝食の一例)

産後食(昼食の一例)

産後食(昼食の一例)
お食事について 
お祝い膳について 
8.大学病院ならではの連携で対応

妊娠中の合併症はどなたにでも起こりうるものです。特に年齢を重ねるごとに合併症のリスクは高くなります。当院の産科では、出産に伴うさまざまな母体合併症(妊娠糖尿病、妊娠高血圧症、精神疾患合併症など)に対して、速やかに適切に対応しています。内科、外科、婦人科、小児科、糖尿病・代謝・内分泌内科、精神科など、大学病院ならではの迅速かつ万全の連携体制で、産前から産後ケアまで「安心のお産」をご提供しています。
診療科一覧ページ

大学病院ならではの連携で対応

通常分娩からハイリスクな出産まで

帝王切開

母体と赤ちゃんに危機が迫ったときには、帝王切開手術が必要になる場合があります。比較的安全な手術ですが、普通分娩よりはリスクの高いもので、決してらくなお産ではありません。
あらかじめ日時を決める「予定帝王切開」は、さかご、ふたご、前回帝王切開、子宮手術後妊娠、合併妊娠など、経腟分娩が困難な場合。「緊急帝王切開」は、妊娠、出産時に赤ちゃんやお母さんに異常が起こったときに医師の判断で行います。

新生児疾患

小児科、小児外科との協力体制のもと、新生児期の疾患に対して広く対応しています。
新生児に対しての集中的な治療が必要となる場合には、周産期専門施設と連携しながら対応します。

母体合併症

各種の母体合併症には、内科、外科の各科と協力して対応していきます。
特に精神疾患合併妊娠に関しては、産後ケアも含め妊産婦精神ケアを精神科とともに行います。妊娠糖尿病に関しては、糖尿病・代謝・内分泌内科とともに対応します。

お問い合わせ先

0476-35-5576(予約センター)

診療実績

※2020年の開院から2年目の実績となります。

2022年(1月~12月)
分娩数
経腟分娩 76
帝王切開 52
合計(早産10件を含む) 128

外来医師担当表

曜日 午前 午後
妊婦健診:
永松(木下、佐藤)
助産師による妊婦健診
妊婦健診:
渋井(篠原、加藤)
助産師による妊婦健診
出生前:永松、板岡、秋葉 出生前:永松、板岡、秋葉
妊婦健診:
永松、佐藤
産褥:秋葉、佐藤
妊婦健診:
秋葉(篠原、木下、佐藤)
よろず相談外来:永松、秋葉
助産師による妊婦健診
妊婦健診:
秋葉、加藤
妊婦健診:
秋葉(木下、加藤)
【特記事項】
  • ※予約・紹介患者様優先となりますので、予約外で受診ご希望の方は電話でのお問い合わせをお勧めします。
  • ※担当医師が変更となる場合や診療を休止する場合があります。お電話でお問い合わせください。

その他の科の外来医師担当表はこちら

ご予約・お問い合わせ

●一般診療のご予約・変更(予約センター)
TEL:0476-35-5576
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)

●その他のお問い合わせ
TEL:0476-35-5600(代表)