診療科のご案内

小児外科

小児のあらゆる外科疾患(心臓、脳神経、骨以外)に対応します。

小児外科疾患に広く精通する医師

小児外科疾患は成人のがん疾患や心臓疾患と異なり、ほぼすべてが希少疾患です。当科では、都立小児総合センター、国立成育医療センターなどの日本を代表する小児中核病院で実績を積み、あらゆる小児外科疾患に精通する小児外科医が在籍します。

小さな患者様の負担は小さく

身体にかかる負担をより小さく、手術創もより小さくする「低侵襲治療」を実践するため、積極的に腹腔鏡手術を行います。日々新しい知見を取り入れ、常に最善の治療をめざします。

地域の皆様と常に密な連携を

24時間・365日、近隣の小児科と密に連携しながら、夜間・休日を問わず迅速に対応するよう心がけます。

主な対象疾患

年齢:新生児、乳児期、15歳までの小児、小児外科に関連した疾患を持つ16歳以上

疾患:一般的な疾患(そけいヘルニア、臍ヘルニア、陰嚢水腫、精索水腫など)、新生児疾患(先天性食道閉鎖症、先天性横隔膜ヘルニア、先天性十二指腸閉鎖、鎖肛などの先天性疾患)、乳児期以降の疾患(先天性食道狭窄症、先天性嚢胞性肺疾患、食道裂孔ヘルニア、胆道閉鎖症、先天性胆管拡張症、ヒルシュスプルング病など)、小児腫瘍(神経芽腫、Wilms腫瘍、肝芽腫、奇形腫など)など

特長

1. 国内屈指の手術症例数
小児呼吸器外科(肺嚢胞疾患の肺葉切除や先天性気管狭窄症など)、新生児外科(横隔膜ヘルニア、先天性食道閉鎖症など)、一般小児メジャー手術(胆道閉鎖症、胆道拡張症、直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病など)において国内有数の治療実績をもつ医師が在籍します。小児泌尿器疾患(尿道下裂やVUR)は、自治医科大学小児泌尿器科と連携して取り組みます。さらに、超低出生体重児(超未熟児)に対する、主に特発性小腸穿、壊死性腸炎などの治療経験も国内屈指です。
2. 小さな患者様への負担を小さく
そけいヘルニア、腹腔鏡下外そけいヘルニア根治術(LPEC)、臍ヘルニア、虫垂炎、単孔式経臍腹腔鏡補助下虫垂切除術(TULAA)、腸閉塞、噴門形成術、気胸、正中頚嚢胞を中心とした一般的な疾患には、内視鏡による低侵襲手術を積極的に導入しています。無用な開腹・開胸手術は避け、安全をしっかり担保したうえで、小さな患者様への負担を軽減します。

5F病棟の窓に広がる屋上モニュメント

5F病棟の窓に広がる屋上モニュメント
3. 新生児外科および小児がん外科の専門医が在籍

新生児外科と小児がん外科治療には、特殊なチーム医療・チームケアの連携が必要になります。

当科に在籍する、日本周産期・新生児学会認定外科医ならびに日本小児血液・がん学会の小児がん認定外科医の資格を持つ専門医が、このチームをリードします。むずかしい手術にも万全の体制で臨みます。

4. より高度な技術が必要とされる手術
long gapならびに再発性先天性食道閉鎖症や肝芽腫・肺転移に対する蛍光ナビゲーション手術など高度な技術が必要な手術、胆道閉鎖症に対する肝移植、小腸不全に対する小腸移植にも、大学や国立成育医療研究センターと連携して治療します。

代表的な研究

再生医療

小児外科部長の渕本教授は、国立成育医療研究センターと共同で、再生医療を小児外科に応用する研究を進めてきました。(「先天性食道閉鎖症術後吻合部狭窄に対する自己口腔粘膜シート移植による再狭窄予防(AMED研究)」)
これは、先天性食道閉鎖の術後の多くの場合で、切除部分をつなぎあわせた吻合部が狭くなることに対する治療法の開発です。
患者様自身の口腔粘膜から組織片を採取して、特殊な培養によって粘膜上皮細胞シートを作製します。その術部に内視鏡的にこれを移植して、狭窄を予防するというものです。こうした患者様を対象に、粘膜上皮細胞シートを移植する治療法の狭窄の予防効果と安全性を評価するために治験を行っています。

【その他再生医療をテーマとした研究】

  • 他家気管の高圧脱細胞化気管によるパッチグラフト移植
  • 胚性幹細胞(ES細胞)から作成した軟骨でのパッチグラフト移植

先天性食道閉鎖症吻合部狭窄に対する食道シート移植

先天性食道閉鎖症吻合部狭窄に対する
食道シート移植

免疫療法

進行神経芽腫や進行肉腫に対しては、早期から転移している症例が多く、一定の効果が確認された後でも、患者様の体内にまだ残っているがん病変、微小残存病変(MRD)による再発が課題となっています。
これは化学療法、手術、放射線療法では根治治療はむずかしく、これに替わるものとして現在免疫療法が注目されています。小児外科部長の渕本教授は、慶應義塾大学と共同研究(「免疫チェックポイント蛋白を標的とした小児がん腫瘍幹細胞・微小転移細胞の増殖抑制」)を進め、ある程度の基礎的な結果を出しています。

外来医師担当表

曜日 午前 午後
渕本 木村
川見
渕本 川見
木村
担当医
【特記事項】
  • ※予約・紹介患者様優先となりますので、予約外で受診ご希望の方は電話でのお問い合わせをお勧めします。
  • ※担当医師が変更となる場合や診療を休止する場合があります。お電話でお問い合わせください。

その他の科の外来医師担当表はこちら

ご予約・お問い合わせ

●一般診療のご予約・変更(予約センター)
TEL:0476-35-5576
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)

●その他のお問い合わせ
TEL:0476-35-5600(代表)

●海外からのご予約
日本語≫
TEL:+81-476-35-5600
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)
英語、中国語、ベトナム語≫
E-mail:med.info@iuhw.ac.jp