診療科のご案内

消化器外科

主任教授ご挨拶

板野 理

副院長
消化器外科部長、消化器病センター長
国際医療福祉大学 医学部 消化器外科学主任教授

板野 理

当科は、スタッフ8名全員が消化器外科学会専門医であり、特にがん治療においては、日本有数のハイボリューム施設で経験を積んだ各臓器疾患のエキスパートです。さらに当院の消化器内科、腫瘍内科、放射線科、および国内他施設と連携を組み、ロボット支援手術、血管合併切除を伴う拡大手術、化学療法、ゲノム医療、ラジオ波焼灼術、ステント治療、カテーテル治療、移植医療とあらゆる手段を駆使して、世界レベルの最善の治療を提供します。患者様が望む限り、私たちもがん治療をあきらめません。他病院で手遅れと断られた患者様もいつでも相談にいらしてください。セカンドオピニオンも積極的に受け入れています。

診療概要

当科では、食道、胃、腸、肝、胆、膵などの良性から悪性まですべての消化器疾患およびそけいヘルニアや急性虫垂炎などに対する外科治療を中心に行います。
患者様をあらゆる角度から診て、はじめから最後まで一貫して診療にあたります。


●各臓器の専門家が、腹腔鏡や胸腔鏡、最先端の手術支援ロボットを用いた低侵襲治療から多臓器合併切除などの拡大手術まで取り組みます。

最先端ロボット手術

●3D‐CTなどの最新機器を駆使して術前シミュレーションを実施して、安全で確実な手術をめざします。

術前シミュレーション

●国際医療福祉大学の特色ともいえる充実したリハビリテーションスタッフにより、手術直後あるいは手術前からのリハビリテーション介入を行い、早期の日常生活への復帰を最も重視します。退院後の生活環境の整備・ケアを行い、患者様が安心して治療を続けられるよう努めます。

●私たちは単に「病気を治す」ということのみでなく「患者様をよくする」ことを目標とした「トータル・ケア」をめざしています。

肝胆膵

肝胆膵外科では、各関連施設において、肝癌、胆道癌、膵癌に対する手術や化学療法のほか、肝胆膵良性疾患の治療を行っています。 肝胆膵領域の局所進行癌に対して積極的な集学的治療により治療成績の向上に取り組んでいます。
また、肝胆膵悪性腫瘍に対する鏡視下手術も積極的に行っており、根治性と安全性を兼ね備えた低侵襲手術を提供することを目指しています。

上部消化管

悪性疾患(食道癌・胃癌・胃GIST等)から良性疾患(胃食道逆流症・食道アカラシア・食道粘膜下腫瘍・難治性胃十二腸潰瘍等)まで幅広く扱います。経験豊富な専門医が担当し、お一人おひとりに合わせた最善の治療を提供します。
外科的手術のほか、抗癌剤治療や放射線治療、上部消化管内視鏡による治療(EMR/ESD)を組み合わせた総合的な治療に取り組み、消化器内科や臨床腫瘍内科、放射線科等、他科とも緊密に連携を図ります。

外科的治療では胸腔鏡や腹腔鏡を用いた鏡視下手術を積極的に導入しています。
特に食道癌に対しては、高度な技術が必要とされる完全胸腔鏡下食道切除術・腹腔鏡補助下胃管作成を第一選択として、専門チームによる徹底した周術期管理のもと、安全性と根治性を担保した最新治療を提供しています。
また、最近増加傾向にある食道胃接合部癌や胃上部の早期癌に対しては、可能な限り胃を温存する腹腔鏡補助下噴門側胃切除を実施しています。

完全胸腔鏡下食道切除(手術の様子と術後の傷跡)

当グループスタッフは消化器内視鏡治療にも精通しており、食道・胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)や下咽頭表在癌に対するELPS等、先進的な低侵襲治療も積極的に行います。

下部消化管

大腸癌を中心に潰瘍性大腸炎やクローン病などの外科的治療を要する疾患を対象に、原則すべての症例に対して腹腔鏡手術を行っております。
また、直腸癌に対しては、術前化学放射線療法を組み合わせることで、治療成績の向上や肛門温存に努めており、2018年4月に保険収載されたロボット支援手術も積極的に取り入れ、常に最新かつ最良の医療を提供することを目標としております。
加えて、痔などの肛門疾患に対しても専門医が行う外来を開設し、下部消化管に関するすべての疾患に対して専門医による安全かつ至高の医療を提供いたします。

腹腔鏡下大腸全摘(手術の様子と術後の傷跡)

代表的な病気と治療

肝臓の病気

胆道の病気

膵臓の病気

胃・食道の病気

大腸・直腸の病気 

ヘルニア

外来医師担当表

曜日 午前 午後
宮崎 勝
大山 隆史
石田 隆
宮崎 勝
星本 相淳
大山 隆史
宮崎 勝
板野 理
鶴田 雅士
皆川 卓也 島田 理子
板野 理
鶴田 雅士
平野 佑樹
担当医 担当医
【特記事項】
  • ※予約・紹介患者様優先となりますので、予約外で受診ご希望の方は電話でのお問い合わせをお勧めします。
  • ※担当医師が変更となる場合や診療を休止する場合があります。お電話でお問い合わせください。

その他の科の外来医師担当表はこちら

外科手術データベース事業・NCDご協力のお願い

当科では、NCD(一般社団法人 National Clinical Database)における外科手術治療情報データベース事業に登録しております。
NCDとは、外科医の適正配置、質の向上、外科専門医のあり方、外科手術の体系的把握を目的に、専門医制度と連携した外科症例登録を行うものです。
詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせ

●一般診療のご予約・変更(予約センター)
TEL:0476-35-5576
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)

●その他のお問い合わせ
TEL:0476-35-5600(代表)

●海外からのご予約
日本語≫
TEL:+81-476-35-5600
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)
英語、中国語、ベトナム語≫
E-mail:med.info@iuhw.ac.jp