診療科のご案内

心療内科

心身症に対して、身体的治療とストレスに対する治療を併用しながら総合的な診療を行います。さらに緩和ケア、慢性疲労症候群の専門外来も設けています。

心身症やストレス関連疾患

心身症一般に加えて、機能性身体症候群、ストレス関連病態の治療を行います。さらにストレス状況で身体疾患のコントロールがわるくなったり、通常の身体的治療で改善しなくなった(ストレスによる血糖・血圧・疼痛・アレルギー症状の悪化、難治化)場合、当科で身体疾患を持つ患者様のストレス治療・対策を担当します。
各科での専門的治療と併用、あるいは統合的な治療を行うことで、ストレスによるさまざまな身体疾患の悪化を防ぎ、よりよいコントロールと治癒促進を援助します。

緩和ケア外来

緩和ケアに関する十分な経験を有する医師が担当します。他の診療科の医師や、医師以外の専門職と連携しながら、緩和ケアに関するチーム医療の一翼を担います。

慢性疲労症候群外来

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の専門外来です。当院の他科、かかりつけドクターと連携しながら、総合的な診療を行います。

主な対象疾患

心身症(機能性消化管障害、一次性頭痛、起立性調節障害、心因性発熱、過換気症候群ほか)、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群、線維筋痛症を含む慢性疼痛 など

特長

心療内科は心身症を専門的に診療する科、つまり心と身体、ストレスが密接にかかわっている身体の病気(状態)に対して、身体的治療に加えて心とストレスに対する治療も併用し、総合的に診療する科です。

1. 治療を必要とするケース

次のような場合は特に、身体的・心理社会的要因やストレスに対する総合的な治療(心身医学療法)が必要になります。

  • 気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの身体症状が、ストレスや心理社会的要因によって悪化・難治化している。
  • ストレスを感じ始めてから、身体疾患(高血圧、糖尿病など)のコントロールがわるくなった、身体症状(痛みなど)がひどくなった、今までの治療薬が効きにくくなった。
  • 慢性もしくは繰り返す頭痛、腹痛、めまい感などの身体症状があるのに、検査で異常がみつからない(機能性の症状)。
  • ストレスを感じ始めてから、特にこのような機能性の症状で悩むようになった。
2. 心身症:陥りやすい疾患と治療法

心身症としての治療が必要となることの多い病気には、以下があげられます。

  1. 呼吸器系:気管支喘息、過換気症候群、神経性咳嗽
  2. 循環器系:起立性調節障害、高血圧症、一部の不整脈、タコツボ心筋症
  3. 消化器系:心因性嘔吐、びまん性食道痙攣症、消化性潰瘍、機能性消化管障害(機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群)、潰瘍性大腸炎
  4. 神経・筋肉系:緊張型頭痛、片頭痛、斜頸、書痙
  5. 内分泌・代謝系:摂食障害、糖尿病
  6. そのほか:心因性発熱、アトピー性皮膚炎、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群、線維筋痛症を含む慢性疼痛など

これらの身体疾患を持つ患者様が、ストレス状態に置かれると心身症になる可能性があります。治療法としては身体疾患に対する治療(内科的薬物療法、生活指導)に加えて、漢方薬を含む薬物療法、自律訓練法、心身相関の気づきを促し治療する心身医学療法、環境調整など、心とストレスに対する治療を行います。

3. 緩和ケア外来

緩和ケアとは、がんや慢性心不全などの患者様が、経過中に経験する痛みや呼吸苦などのさまざまな身体的な症状や、気分の落ち込みや悲しみなどの精神的な苦痛を軽減するためのケアです。緩和ケアは、いわゆる終末期ケアを示すのではなく、診断後の早期から終末期に至るあらゆる場面において、苦痛を軽減するケアです。

緩和ケアを受ける対象には、患者様だけでなく、患者様を支えるご家族も含まれます。がんや慢性心不全の患者様やそのご家族で、少しでも身体的・精神的苦痛を有する方、また生活に関する相談や今後の生き方などで悩みをお持ちの方は、緩和ケア外来を受診してください。

これまで複数のがん専門病院で経験を積んだ医師が担当し、必要に応じて看護師や薬剤師、また社会福祉士などの他の専門職と協力し、抱えている問題を解決します。

4. 慢性疲労症候群外来

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の専門外来です。筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群とその併存症に対して、当院の他科、かかりつけドクターと連携しながら、総合的な診療を行います。

ご注意:
他科での検査や治療の方が、より適している、もしくは優先順位が高いと判断された場合は、内科各科や精神科などの受診をお勧めすることがありますので、ご了承ください。

受診される方へ問診票ご記入のお願い

慢性疲労症候群外来を受診される方

診察に先立ち、問診票の記載をお願いいたします。
下記の問診票をダウンロードいただき、印刷・記入のうえ、診察当日に紹介状とともにご持参ください。
ご自宅にプリンターなどの印刷機器がなく、事前に問診票の記入が難しい方は、予約時間の45分前に紹介状を持ってご来院いただき、問診票の記載をお願いいたします。

心療内科予約票(PDF)
MECFS初診前問診 (PDF)

外来医師担当表

曜日 午前 午後
岡(孝)
乙成
中尾
乙成 岡(孝)
岡(孝)
緩和ケア(山田)
乙成
山田
中尾
慢性疲労症候群外来(岡(孝)/
毎月第2週, 第4週)
岡(毎月第2週, 第4週)
乙成
乙成(毎月第1・3・5週)
中尾
乙成(毎月第1・3・5週)
【特記事項】
  • ※予約・紹介患者様優先となりますので、予約外で受診ご希望の方は電話でのお問い合わせをお勧めします。
  • ※担当医師が変更となる場合や診療を休止する場合があります。お電話でお問い合わせください。

その他の科の外来医師担当表はこちら

ご予約・お問い合わせ

●一般診療のご予約・変更(予約センター)
TEL:0476-35-5576
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)

●その他のお問い合わせ
TEL:0476-35-5600(代表)

●海外からのご予約
日本語≫
TEL:+81-476-35-5600
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)
英語、中国語、ベトナム語≫
E-mail:med.info@iuhw.ac.jp