医師案内

脳神経外科

松野 彰

松野 彰(まつの・あきら)

MATSUNO Akira

副院長
脳神経外科部長

国際医療福祉大学 脳神経外科 統括教授
国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経外科

東京大学医学部医学科卒、医学博士
前帝京大学医学部脳神経外科学講座主任教授、元帝京大学医学部附属病院副院長、元京都府立医科大学客員教授(大学院医学研究科解剖学教室 生体構造科学部門)、埼玉医科大学医学部非常勤講師、天津医科大学腫瘍医院客座教授、西安交通大学医学部客座教授

第36回ニューロ・オンコロジイの会会長、日中合同組織細胞化学セミナー第10回日本側会長、 第9回アクロメガリーフォーラム会長、第40回組織細胞化学講習会実行委員長、第40回日本顕微鏡学会関東支部講演会実行委員長、第17回日本分子脳神経外科学会会長、第20回日本内分泌病理学会学術総会会長、日中脳神経外科連盟第1回学術総会日本側会長、第136回日本脳神経外科学会関東支部会会長、日中脳神経外科連盟第2回学術総会会長、第46回日本神経内分泌学会学術集会会長、第38回日本脳腫瘍病理学会会長、第61回日本組織細胞化学会総会学術集会会長、第26回日本脳腫瘍の外科学会会長、第45回日本脳神経CI学会会長、第33回間脳下垂体副腎研究会会長、第33回日本間脳下垂体腫瘍学会会長

公益財団法人日本脳神経財団常務理事、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員、 独立行政法人大学評価・学位授与機構国立大学教育研究評価委員会専門委員、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)科学技術調査員、公益財団法人成長科学協会成長ホルモン治療研究専門委員会委員・アドバース・イベント調査専門委員会委員、千葉地方裁判所医事紛争運営委員、日本専門医機構委員、厚生労働省保険医療材料専門組織専門審査委員・診療報酬調査専門組織・医療技術評価分科会専門審査委員(2010年12月~2020年11月)

間脳下垂体腫瘍の経鼻内視鏡手術、悪性脳腫瘍の手術・放射線化学療法、良性脳腫瘍の手術、脳血管障害の手術・血管内治療、頭部外傷の手術と集中治療に豊富な経験を有している。頭痛の病態と治療についても豊富な経験を持っている。患者さんの病態を的確に把握し最適な治療を提供できるように努めている。海外との医学交流にも注力しており、特に中国・台湾・韓国・フィリピン・インドネシア・ロシアなどと学術的な交流を行っている。

山根 文孝

山根 文孝(やまね・ふみたか)

YAMANE Fumitaka

国際医療福祉大学 医学部教授

脳血管内治療、脳卒中一般、脳血管障害、神経内視鏡、てんかん

福井医科大学卒、医学博士
前帝京大学医学部附属病院脳神経外科病院教授、元埼玉医科大学国際医療センター脳血管内治療科准教授・診療部長、元東京女子医科大学脳神経外科助手、元モントリオール神経研究所Research fellow.
日本脳神経外科学会専門医・指導医・代議員、日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医、日本高次脳機能障害学会代議員

脳血管内治療を担当。対象疾患:脳卒中急性期,脳血管・頸動脈狭窄症、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻など。エビデンスに則った最新医療を提供する。患者さんの予後を第1に考え、個々に治療の最適化をはかる。予防医学、高次脳機能障害およびそのリハビリテーションの視点で「脳血管の総合診療医」の立場からの診療を心がけている。

小野田 惠介

小野田 惠介(おのだ・けいすけ)

ONODA Keisuke

国際医療福祉大学 医学部教授

三叉神経痛・片側顔面痙攣に対する手術、脳動脈瘤手術、脳腫瘍に対する手術、脊椎脊髄手術

島根医科大学卒(現島根大学)、医学博士
前帝京大学医学部脳神経外科講座病院教授、元岡山赤十字病院高度脳神経センター長、元岡山赤十字病院脳神経外科部長、元ワシントン大学脳神経外科Visiting Scientist
日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳卒中の外科学会技術指導医

脳神経外科すべての分野において多くの手術経験があり、患者さんの希望を踏まえて手術法を選択し実施している。特に三叉神経痛・片側顔面痙攣に対する手術は国内でも有数の手術経験を有し、高難度なものも含めて手術に取り組み、ご満足いただける良好な結果を得てきた。今後、この地域における脳神経外科分野の医療に貢献できるよう尽力していく。

末廣 栄一

末廣 栄一(すえひろ・えいいち)

SUEHIRO Eiichi

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経外科<頭部外傷、脳血管障害などの神経救急、神経集中治療>

山口大学卒、医学博士
前山口大学医学部附属病院先進救急医療センター診療准教授、元山口大学医学部脳神経外科併任講師、元健和会大手町病院脳神経外科部長、元ヴァージニア医科大学研究員
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中の外科学会技術指導医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本脳神経外傷学会認定指導医、日本救急医学会認定救急科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本ボクシングコミッションドクター、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本DMAT隊員

頭部外傷や脳血管障害など、神経救急全般にわたって診療を行っている。"Time is brain."とは、 脳の疾患ではできるだけ早く治療を行う重要性を示した言葉であり、神経細胞は非常にナイーブであるため、残念ながら後遺症を残すことが少なくない。患者様の病後の暮らしをよりよくするために、入院前から早期に治療介入し、リハビリテーションや社会復帰支援まで、一貫して切れ目のない診療を心がけている。

下地 一彰

下地 一彰(しもじ・かずあき)

SHIMOJI Kazuaki

国際医療福祉大学 医学部教授

小児脳神経外科(水頭症・二分脊椎・頭蓋骨縫合早期癒合症)・神経内視鏡手術・脳神経外科一般

順天堂大学医学部卒、医学博士 
前順天堂大学医学部附属順天堂医院 脳神経外科准教授、元National Institutes of Health Clinical Center PET dept. (米国国立衛生研究所クリニカルセンターPETセンター)visiting fellow 日本脳神経外科専門医/指導医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医・指導医 日本神経内視鏡学会技術認定医、日本小児神経外科学会認定医、日本脳神経外科同時通訳団運営委員

小児脳神経外科と聞くと脳外科のイメージとはかけ離れていると思いますが、水頭症、頭蓋骨縫合早期癒合症(頭のかたち)、二分脊椎、脳腫瘍、てんかんなど多岐に渡る病態が存在します。順天堂大学で培った小児脳外科・神経内視鏡手術の経験に加え各分野のエキスパートと連携し最善・最良の医療を提供しお子さんの成長を見守ってまいります。

糸川 博

糸川 博(いとかわ・ひろし)

ITOKAWA Hiroshi

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経外科(脳血管障害、脳血管内治療)

福島県立医科大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科、元牧田総合病院脳血管内治療センター長、元新百合ヶ丘総合病院脳神経外科部長、元葛西昌医会病院脳血管内治療科部長、元昭和大学藤が丘病院脳神経外科講師、元福島県立医科大学脳神経外科
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳神経血管内治療学会認定指導医・脳神経血管内治療専門医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医

脳血管内治療を専門としている。頭を切らずに、カテーテルを使って血管の中から脳動脈瘤、頚動脈や頭蓋内動脈狭窄、硬膜動静脈瘻や脳動静脈奇形などの血管異常、さらに急性期脳梗塞の治療を行うものである。「患者様に最も適した方法で無理せず確実な治療を」をモットーにしている。脳ドックなどで脳動脈瘤や頸動脈狭窄を指摘された方、治療方法で悩まれている方のご相談など、まずはお気軽に外来を受診していただき、対応に努めたいと考えている。

菅原 貴志

菅原 貴志(すがわら・たかし)

SUGAWARA Takashi

国際医療福祉大学 病院教授

脳神経外科<頭蓋底腫瘍、脳血管障害、脳腫瘍(髄膜腫、神経鞘腫など)>、神経内視鏡

東京医科歯科大学卒、医学博士
前東京医科歯科大学脳神経外科講師、Cerebrovascular and Skull Base Research Fellowship, Arkansas Neuroscience Institute CHI St. Vincent Infirmary Medical Center, Little Rock, Arkansas, USA 、Postdoctoral fellowship, Department of Physiology, Loma Linda University, Loma Linda, California, USA、元国立病院機構災害医療センター脳神経外科
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本脳神経外傷学会認定指導医、日本脳卒中の外科学会技術指導医、日本神経内視鏡学会技術認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

頭蓋底手術や脳動脈瘤などの脳血管障害に対する手術において豊富な経験を持つ。特に、海綿静脈洞周辺の手術が困難な部位の脳腫瘍(主に髄膜腫や神経鞘腫など)に対して症状改善をめざしている。頭蓋底腫瘍、脳動脈瘤などで治療がむずかしいと指摘され治療方針に悩まれている方は、ぜひご相談いただきたいと考えている。

田中 達也

田中 達也(たなか・たつや)

TANAKA Tatsuya

国際医療福祉大学 医学部准教授

脳神経外科<脳卒中、脳血管内治療、脊髄外科、認知症、水頭症ほか>

佐賀医科大学卒、医学博士
元佐賀大学医学部脳神経外科助教、元伊万里有田共立病院脳神経外科医長
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本脊髄外科学会指導医・認定医、日本認知症学会認定指導医・認知症専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医、日本脊椎脊髄病学会、脊椎脊髄外科専門医、日本脈管学会脈管専門医、日本頭痛学会頭痛専門医、厚生労働省認定麻酔科標榜医、日本静脈経腸栄養学会認定医、日本DMAT隊員(統括DMAT登録)

脳卒中の大部分が一刻を争う緊急の対応および高度な診断・治療技術を要求されるものである。院内外すべての関連部署と連携し、患者様にとって最良の医療をご提供できるよう努めている。

道脇 悠平

道脇 悠平(みちわき・ゆうへい)

MICHIWAKI Yuhei

国際医療福祉大学 医学部准教授

脳血管障害/脳血管内治療(脳動脈瘤、内頚動脈狭窄症など)、脳腫瘍(髄膜腫など)

琉球大学卒、九州大学大学院修了、医学博士
前九州大学大学院医学研究院脳神経外科、元国立病院機構九州医療センター脳神経外科、元公立学校共済組合九州中央病院脳神経外科
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医、日本脳卒中の外科学会技術認定医

脳血管障害、脳血管内治療、脳腫瘍を担当している。脳神経外科の手術は飛躍的に進歩し、より低侵襲になってきている。脳神経外科で扱う疾患やその治療について丁寧に説明し、患者様の不安を和らげるとともに、自分の家族に治療を行う気持ちで安全で適切な医療をご提供できるよう努めている。

上利 崇

上利 崇(あがり・たかし)

AGARI Takashi

国際医療福祉大学 病院准教授

機能的脳神経外科(パーキンソン病・本態性振戦・ジストニアの定位的脳手術、脳深部刺激療法)、難治性疼痛の外科的治療(脊髄刺激療法など)、てんかんの外科手術

岡山大学卒、医学博士
前東京都立神経病院 脳神経外科、元倉敷平成病院ニューロモデュレーションセンターセンター長
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本てんかん学会専門医、日本定位・機能神経外科学会機能的定位脳手術技術認定医

薬剤治療抵抗性の不随意運動症(パーキンソン病、本態性振戦、ジストニア)に対する定位的脳手術、脳深部刺激療法、難治性慢性疼痛に対する脊髄刺激療法では国内有数の手術経験を有している。高い手術精度をご提供することで治療効果の高い医療を実現している。また、難治性てんかんに対する外科手術も得意としており、安全かつ確実な手術が行う。治療による症状改善はもとより、安心して満足いただける生活が送れるよう患者様に寄り添った診療を心がけている。

若宮 富浩

若宮 富浩(わかみや・とみひろ)

WAKAMIYA Tomihiro

国際医療福祉大学 医学部講師

脳神経外科全般、脳腫瘍、神経病理

佐賀大学卒、医学博士
前小栁記念病院脳神経外科部長、元佐賀大学脳神経外科
日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医

悪性脳腫瘍の診療を担当している。ナビゲーションを用いた手術で、それぞれの腫瘍に適した摘出をめざした治療を行い、術後の化学療法、標準治療なども行っている。患者様やご家族に対して、わかりやすいご説明ができるように努めている。

内藤 智順

内藤 智順(ないとう・ともゆき)

NAITO Tomoyuki

脳神経外科

帝京大学卒
前国保旭中央病院、元練馬光が丘病院脳神経外科、元帝京大学医学部附属病院

患者様やご家族にとって相談しやすい雰囲気づくりはもちろん、病状に関する患者様の声に耳を傾け、患者様お一人おひとりのご希望に沿った丁寧な治療をご提供できるよう、誠意をもって診療にあたることを心がけている。

雲野 崇大

雲野 崇大(くもの・たかひろ)

KUMONO Takahiro

滋賀医科大学卒
日本専門医機構脳神経外科専攻医、緩和ケア研修終了

脳神経外科専攻医として着任。患者様に対して最良・最適な医療をご提供できるように努めていく。