医師案内

感染症科

加藤 康幸

加藤 康幸(かとう・やすゆき)

Yasuyuki Kato

国際臨床感染症センター 感染症科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

感染症内科、輸入感染症、寄生虫症、HIV感染症、旅行医学、予防接種

千葉大学卒、ジョンズホプキンス大学大学院修了 (Master of Public Health)
前国立国際医療研究センター国際感染症対策室医長、元都立墨東病院感染症科
日本感染症学会認定指導医・感染症専門医、日本内科学会認定総合内科専門医

感染症を中心に、内科全般の診療ができるよう心がけている。マラリアなどの海外渡航に関連した感染症の予防・診断・治療を専門にしており、豊富な臨床経験を持つ。

松本 哲哉

松本 哲哉(まつもと てつや)

Tetsuya Matsumoto

国際臨床感染症センター 感染制御部部長
国際医療福祉大学 医学部 感染症学主任教授

感染症学、細菌学、免疫学、感染制御学

長崎大学医学部卒 医学博士
前東京医科大学微生物学分野主任教授、前東京医科大学感染制御部部長(兼任)、元東邦大学医学部微生物学講師、元米国ハーバード大学ブリガム&ウィメンズホスピタルリサーチフェロー、元長崎大学第二内科
日本化学療法学会理事長、東京iCDC専門家ボードメンバー、日本臨床微生物学会監事、日本感染症学会評議員、PMDA専門委員、AMEDプログラムスーパーバイザー、日本感染症学会認定指導医・感染症専門医

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、開院当初から対応を行っている。さらに新型コロナウイルスに限らず各種病原体による院内感染への対策などにも対応している。

矢野 晴美

矢野 晴美(やの・はるみ)

Harumi Yano

国際医療福祉大学 医学部教授
医学教育統括センター副センター長・感染症学

感染症科<一般感染症、医療関連感染、抗菌薬適正使用、渡航関連感染、成人ワクチン接種など>

岡山大学医学部卒業、同大学院博士課程修了、医学博士。
London School of Hygiene and Tropical Medicine (DTM&H)修了
Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health (MPH)修了
Maastricht University School of Health Professions Education (MHPE)修了
前国際医療福祉大学市川病院 感染症科、元筑波大学医学医療系教授、元自治医科大学附属病院臨床感染症センター准教授。
元ニューヨークBeth Israel Mount Sinai 内科レジデント、元ヒューストンUniversity of Texas-Houston Medical School 感染症科フェロー、元イリノイ州スプリングフィールドSouthern Illinois University School of Medicine, Division of Infectious Diseases, Department of Medicine 感染症科アシスタントプロフェッサー。
日本感染症学会認定指導医・感染症専門医、日本化学療法学会抗菌化学療法指導医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、米国内科専門医、米国感染症科専門医、国際旅行医学学会認定(ISTM)、英国熱帯医学専門医(DTM&H)。

感染症は、予防可能な病気のひとつである。感染症にかかる前に、病気をワクチンなどでしっかり予防できるような診療に努めている。特に中高年の方には、肺炎球菌ワクチン、破傷風ジフテリアワクチン、帯状疱疹ワクチンなどの標準ワクチンを推奨している。また、国内外で流行することがある麻疹、風疹、水痘、おたふくなどの検査やワクチン接種も推奨し、渡航後の発熱などへの対応も行っている。診療では、患者様からしっかりとお話をうかがい、全身の診察を丁寧に行っている。