医師案内

形成外科

松﨑 恭一

松﨑 恭一(まつざき・きょういち)

Kyoichi Matsuzaki

形成外科部長、創傷治療センター長
国際医療福祉大学 医学部 形成外科学主任教授

形成外科

千葉大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院形成外科部長、元慶應義塾大学医学部形成外科学教室准教授、元Harvard Medical School, Postdoctoral Fellow
日本専門医機構認定形成外科専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、日本創傷外科学会専門医、日本熱傷学会認定熱傷専門医、日本褥瘡学会認定師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師

米国留学で研究した再生医療のノウハウを、「手術・けが・やけどのキズあと、ケロイドをめだたなくする」に適用している。この美しく治す技術を、眼瞼(まぶた)の下垂・内反、義眼床、口唇・外鼻・耳介形成、乳房の再建・縮小、陥没乳頭、乳輪下膿瘍などの手術に応用している。

鳥海 正博

鳥海 正博(とりうみ・まさひろ)

Masahiro Toriumi

国際医療福祉大学 医学部講師

形成外科<形成外科全般、再建、難治性潰瘍>

慶應義塾大学卒、医学博士
前山王病院形成外科、元さいたま市立病院医長、元那須赤十字病院副部長、元帝京大学ちば総合医療センター助教、元東京歯科大学市川総合病院助教、元慶應義塾大学病院助教
日本専門医機構認定形成外科専門医、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師

慶應義塾大学医学部形成外科学教室に所属し、慶應義塾大学病院や関連病院にて研鑽を積み、関連病院では形成外科の新規開設にも携わってきた。顔面骨骨折や熱傷、皮膚腫瘍や乳がんの切除に伴う再建、褥瘡や糖尿病性潰瘍などの難治性潰瘍、眼瞼下垂症、リンパ浮腫など多くの手術を経験してきたが、なかでも皮膚腫瘍切除後の再建、難治性潰瘍の治療を得意とする。患者様としっかりコミュニケーションをとったうえで診療を進めるよう心がけている。

阿部 絵里香

阿部 絵里香(あべ・えりか)

Erika Abe

形成外科<傷あと、瘢痕、ケロイド、褥瘡、あざ、しみ、レーザー治療、顔面外傷>

東京女子医科大学卒
前慶應義塾大学病院形成外科、元東京都済生会中央病院形成外科、元慶應義塾大学病院初期臨・床研修医

常に、患者様とご家族の心に寄り添った医療を心がける医師でありたいと考えている。患者様が些細なことでも相談しやすいよう、日々のコミュニケーションを大事にしている。