医師案内

糖尿病・代謝・内分泌内科

竹本 稔

竹本 稔(たけもと・みのる)

Minoru Takemoto

糖尿病・代謝・内分泌内科部長
国際医療福祉大学 医学部 糖尿病・代謝・内分泌内科学主任教授

糖尿病・代謝・内分泌内科<糖尿病、脂質代謝、高齢者医療、肥満症治療>

富山医科薬科大学(現富山大学)卒、新潟大学大学院修了、医学博士
前国際医療福祉大学市川病院糖尿病・代謝・内分泌内科部長、元千葉大学大学院医学研究院細胞治療内科学講座准教授、元スウェーデン国立イエテボリ大学研究者、元スウェーデン国立カロリンスカ医科学研究所教員
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本糖尿病学会認定研修指導医・糖尿病専門医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本老年医学会認定指導医・老年病専門医、日本動脈硬化学会認定指導医・動脈硬化専門医、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本糖尿病協会療養指導医、Best Doctors 2020-2021、Doctor of Doctors Network 優秀専門臨床医 2020-2023

【researchmap】
https://researchmap.jp/minoru.takemoto

これまで千葉大学にて糖尿病・代謝・内分泌内科の診療・教育・研究に従事し、スウェーデンでは糖尿病合併症の成因に関する最先端の研究も行ってきた。今後も国際水準の医療を行うことができる専門職としての知識を蓄え、技術の研鑽に努め、病院内外の医師、コメディカルスタッフとも緊密な連携を行いつつ、地域の皆様の医療に貢献したいと考えている。

吉田 知彦

吉田 知彦(よしだ・ともひこ)

Tomohiko Yoshida

国際医療福祉大学 医学部准教授

糖尿病・代謝・内分泌内科<下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺・骨・カルシウム代謝疾患、副腎疾患、糖尿病、その他電解質異常(低ナトリウム血症、低カリウム血症など)>

千葉大学卒、同大学院修了、医学博士
前国際医療福祉大学市川病院糖尿病・代謝・内分泌内科副部長、元千葉市立青葉病院糖尿病・代謝・内分泌内科統括部長・糖尿病センター長、元千葉大学総合安全衛生管理機構助教、元千葉大学医学部附属病院糖尿病・代謝・内分泌内科助教、元千葉大学医学部附属病院総合医療教育研修センター助教、元ノースウエスタン大学ファインバーグ医学院ポストドクトラルフェロー
日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医、日本糖尿病学会認定研修指導医・糖尿病専門医、日本糖尿病協会療養指導医、日本内科学会認定総合内科専門医

【researchmap】
https://researchmap.jp/iuhw

これまで千葉大学での病棟・外来業務を中心に、さまざまな内分泌疾患(下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、骨カルシウム代謝疾患、副腎疾患など)の診断・治療に従事してきた。また、糖尿病においては、糖尿病センター長として糖尿病教室での講義や糖尿病患者の会などに参加し、患者様に寄り添った医療をめざして取り組んできた。今後も、国際水準の医療を多くの患者様にご提供できるよう知識の習得・技術の研鑽に努め、地域医療に貢献したいと考えている。

大西 俊一郎

大西 俊一郎(おおにし・しゅんいちろう)

Shunichiro Onishi

国際医療福祉大学 医学部講師

糖尿病<特にコーチングを活用した治療意欲の向上>、コミュニケーション

千葉大学卒、同大学院修了、医学博士
前地方独立行政法人総合病院国保旭中央病院糖尿病代謝内科医長
日本糖尿病学会研修指導医・糖尿病専門医、日本内科学会認定指導医・認定内科医、日本老年医学会認定老年病専門医、日本医師会認定産業医、日本医療マネージメント学会医療福祉連携士

糖尿病の改善には多角的な治療が必要であり、そのためには多職種の密な関与や患者自身の高い意欲が求められる。コーチングなど、応用コミュニケーションを活用することで、医療チームや患者様の意欲の向上、糖尿病の改善に取り組んでいる。