医師案内

産科・婦人科/産科

田中 宏一

田中 宏一(たなか・ひろかず)

Hirokazu Tanaka

産科・婦人科部長
国際医療福祉大学 医学部 産婦人科学主任教授

産婦人科

千葉大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院産婦人科部長、元千葉大学医学部附属病院講師
日本産科婦人科学会認定指導医、日本周産期・新生児医学会専門医、緩和ケア研修修了

内科合併症、精神疾患合併症、胎児異常に関して、数多くの診療を行ってきた。また、多くの産科救急にも携わり、病院内での集学的治療のシステムづくりに貢献してきた。周産期全般に関し、疑問点があれば遠慮なくご相談いただきたいと考えている。

進 伸幸

進 伸幸(すすむ・のぶゆき)

Nobuyuki Susumu

国際医療福祉大学 医学部教授

婦人科<婦人科腫瘍全般、腹腔鏡下手術(子宮体がん、筋腫、卵巣腫瘍)、子宮鏡下手術、若年体がん妊孕性温存療法、細胞診、コルポ診など>

慶應義塾大学卒、医学博士
慶應義塾大学医学部客員教授(産婦人科学)
前国際医療福祉大学三田病院婦人科部長、元慶應義塾大学医学部産婦人科准教授、元慶應義塾大学医学部産婦人科専任講師
日本産科婦人科学会認定指導医・産婦人科専門医、日本臨床細胞学会認定教育研修指導医・細胞診専門医、日本婦人科腫瘍学会認定指導医・婦人科腫瘍専門医、日本専門医機構認定産婦人科専門医、日本癌治療学会認定臨床試験登録医、日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、緩和ケア研修修了

内視鏡下手術技術認定医と婦人科腫瘍専門医のダブルライセンスを有し、腹腔鏡下手術(子宮体がん、子宮頸部上皮内がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫)、子宮鏡下手術(APAM、内膜ポリープなど)、開腹手術も含めて、直近10年の慶應義塾大学病院産婦人科時代で2,200例以上の手術を執刀した。当院では年間120例の手術を執刀している。子宮体がん、子宮頸がんの妊孕性温存治療に積極的に従事し、前職時代含め、若年体がんの黄体ホルモン療法では約260名の治療と約80名の妊娠例を有している。また、子宮頸部異型腺細胞AGCの診断治療の多数の経験があり、細胞診専門医資格、婦人科病理診断の経験から、的確な診断、多数のセカンドオピニオンを行っている。

木原 真紀

木原 真紀(きはら・まき)

Maki Kihara

国際医療福祉大学 医学部准教授

産科、婦人科、 生殖内分泌

千葉大学卒、医学博士
元東京女子医科大学婦人科准講師、元千葉大学産婦人科助教
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医、日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)、日本生殖医学会認定生殖医療専門医、日本臨床細胞学会認定細胞診専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了

産婦人科疾患全般の診療を行っている。産科、婦人科、生殖内分泌、リプロダクションと幅広い知識を有し、臨床遺伝専門医の資格も持つ。多くの診療にさまざまな知見を導入し、患者様のQOLに貢献したいと考えている。

岡田 智志

岡田 智志(おかだ・さとし)

Satoshi Okada

国際医療福祉大学 医学部准教授

東京大学卒、同大学院修了、医学博士
前山王病院女性腫瘍センター・婦人科副部長、元がん・感染症センター都立駒込病院婦人科医長、元都立墨東病院産婦人科医長、元国立がん研究センター中央病院、元筑波大学産婦人科講師、元東京大学医学部附属病院女性外科助教、元埼玉県立がんセンター婦人科
日本産科婦人科学会認定指導医・産婦人科専門医、日本婦人科腫瘍学会認定指導医・婦人科腫瘍専門医、日本臨床細胞学会認定細胞診専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法修了

複数の大学病院やがんセンターで医療に従事してきた。豊富な臨床経験に基づき、個々の患者様に最適と考えられる医療をご提案していきたいと考えている。婦人科病理診断を専門にしてきたが、手術や放射線治療、緩和医療にも精通しており、患者様に寄り添った全人的な医療をご提供すべく努めている。

片岡 史夫

片岡 史夫(かたおか・ふみお)

Fumio Kataoka

国際医療福祉大学 医学部准教授

婦人科<特に婦人科悪性腫瘍、腹腔鏡下手術(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症など全般)>

慶應義塾大学卒、医学博士
前慶應義塾大学専任講師(医学部 産婦人科学)、元永寿総合病院産婦人科主任部長
日本産科婦人科学会認定指導医・産婦人科専門医、日本臨床細胞学会教育研修指導医・細胞診専門医、日本婦人科腫瘍学会認定指導医・婦人科腫瘍専門医、日本専門医機構認定産婦人科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡)、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了

婦人科疾患全般の診療を行っている。特に、腹腔鏡下手術、婦人科悪性腫瘍の手術・薬物療法を専門としている。前職での2,000症例を超える手術経験をもとに、クオリティの高い手術をご提供することを心がけている。

井原 基公

井原 基公(いはら・もとまさ)

motomasa ihara

国際医療福祉大学 医学部講師

産婦人科

広島大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院産婦人科、元東北大学病院産婦人科
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、緩和ケア研修修了

将来的に卵母細胞の成熟を管理し、質を改善することで、不妊治療に貢献できるような先端のシステムを構築したいと考えている。

河原井 麗正

河原井 麗正(かわらい・よしまさ)

Yoshimasa Kawarai

国際医療福祉大学 医学部助教

産婦人科

弘前大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院産婦人科副部長、元君津中央病院産婦人科医長
日本産科婦人科学会認定指導医・産婦人科専門医、日本周産期・新生児医学会認定周産期(母体・胎児)専門医、日本生殖医学会認定生殖医療専門医、日本内分泌学会認定内分泌代謝科(産婦人科)専門医、緩和ケア研修修了、女性のヘルスケアアドバイザー、J-MELSインストラクター

ガイドラインに沿った治療が第一であるが、患者様の考えやおかれた環境も熟慮して、最適な治療やサポートができるよう努力している。

渋井 亮介

渋井 亮介(しぶい・りょうすけ)

Ryosuke Shibui

産婦人科一般

順天堂大学卒
前成田日本赤十字病院産婦人科後期研修医
緩和ケア講習終了、新生児蘇生法(NCPR)Aコース終了

順天堂大学、成田日赤病院にて産婦人科医療を学んできた。さらに当院で、より先進的な医療の提供に貢献したいと考えている。