医師案内

腎臓内科

鷲田 直輝

鷲田 直輝(わしだ・なおき)

Naoki Washida

腎臓内科部長、血液浄化(透析)センター長
国際医療福祉大学 医学部 腎臓内科学主任教授

腎臓内科

広島大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院腎臓内科部長・透析部長、元慶應義塾大学医学部特任准教授
日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医・評議員、日本透析医学会認定指導医・透析専門医・評議員、日本内科学会認定総合内科専門医 、日本腹膜透析医学会評議員

腎臓は尿毒素排泄(尿産生)だけでなく、血圧コントロール、造血ホルモンの産生、ミネラル代謝調節、骨代謝、酸塩基調節など多種多様な働きを有し、まさに人体のホメオスターシスを維持するための臓器である。このことから、その障害は健やかな生活を不能のものとする。腎臓病を多角的に評価し、最先端の検査、治療をご提供する。同時に、患者様の生活を第一に考えた医療を実践していきたいと考えている。

葛西 貴広

葛西 貴広(かさい・たかひろ)

Takahiro Kasai

国際医療福祉大学 医学部助教

腎臓内科

札幌医科大学卒
前国際医療福祉大学病院腎臓内科、元慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科

腎臓の機能は、一度失われると回復することがない場合が多い。そのため、患者様の生活習慣全般を理解するよう努め、患者様の身体に何が起こっているのかをよく把握し、トータルケアを心がけて診療に取り組んでいる。患者様に寄り添い、その様子をしっかりと見守っていくことをめざしている。

山田 斎毅

山田 斎毅(やまだ・せいき)

Seiki Yamada

腎臓内科<腎臓病、腎不全一般、透析>

ルーマニア国立ブカレスト医科薬科大学卒
前国際医療福祉大学熱海病院腎臓内科、元医療法人社団日高会日高病院、国際医療福祉大学熱海病院初期臨床研修修了
日本内科学会認定内科医

腎臓病に苦しむ患者様によりよい医療をご提供していきたいと考えている。また、患者様の心に寄り添った診療を行うよう努めている。

冨永 喜寛

冨永 喜寛(とみなが・よしひろ)

Yoshihiro Tominaga

腎臓内科

東京医科大学卒
前国際医療福祉大学病院腎臓内科、国際医療福祉大学病院初期臨床研修修了

腎臓病全般の診療を担当している。腎臓病は自覚症状がないことが多いが、「赤い尿」、「茶色の尿」といった目で見てわかる血尿(肉眼的血尿)や「むくみ」で気付くことも少なくない。そのような患者様の状態に応じて、適切な診断・治療を行えるよう心がけている。