医師案内

腫瘍内科

樋口 肇

樋口 肇(ひぐち・はじめ)

Hajime Higuchi

腫瘍内科部長
国際医療福祉大学 医学部 臨床腫瘍学主任教授

腫瘍内科、神経内分泌腫瘍、軟部肉腫、原発不明がん、消化器内科、超音波内視鏡、EUS-FNA、食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、膵癌、肝癌、胆道癌、化学療法、支持療法、免疫療法、ゲノム医療

慶應義塾大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院消化器化学療法部長、元北里大学北里研究所病院、元慶應義塾大学医学部、Mayo Medical School Assistant Professor of Medicine、元米国Mayo Clinic 消化器病研究センターResearch Fellow
日本臨床腫瘍学会指導医・がん薬物療法専門医、日本消化器病学会認定指導医・消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医、日本内科学会認定総合内科専門医、緩和ケア研修修了

消化器臓器を中心とした悪性腫瘍(がん)に対する薬物治療を専門としている。がんに対する治療は日進月歩で発展しているが、逆に多くの情報があふれてしまって判断がむずかしいこともある。そのようなときに道標となるのが腫瘍内科医である。また、膵疾患・胆道疾患は診断や治療がむずかしいといわれる分野のひとつであるが、内視鏡技術(ERCP, 超音波内視鏡など)を用いて最新の診療を行っている。

石黒 洋

石黒 洋(いしぐろ・ひろし)

Hiroshi Ishiguro

国際医療福祉大学 医学部教授

腫瘍内科

金沢大学卒、千葉大学大学院修了、医学博士
前国際医療福祉大学病院腫瘍内科、元京都大学大学院医学研究科標的治療腫瘍学講座特定准教授、元ニューヨーク・ベスイスラエル総合病院一般内科レジデント、元ニューヨーク大学病院腫瘍内科・血液内科クリニカルフェロー
日本臨床腫瘍学会認定指導医・がん薬物療法専門医、日本臨床薬理学会指導医、日本乳癌学会認定乳腺専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本内科学会認定総合内科専門医、がん医療ネットワークナビゲーター指導責任者、米国ECFMG資格、米国一般内科・腫瘍内科・血液内科専門医、緩和ケア研修修了

がんの薬物療法における支持療法(サポーティブケア)を専門とする。がん領域における多くの臨床試験や新薬の開発治験にも携わり、新しい治療法の開発にも貢献してきた。各部門と連携し、高い治療効果を維持しながらも副作用の少ない抗がん薬治療をご提供している。特に、抗がん薬の副作用として最も嫌がられる脱毛や末梢神経障害の予防に力を入れている。

萬納寺 英里

萬納寺 英里(まんのうじ・えり)

Eri Mannoji

国際医療福祉大学 病院助教

消化器内科

福島県立医科大学卒、医学博士
前済生会横浜市南部病院消化器内科医長
日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本内科学会認定総合内科専門医

胆膵治療を主として、消化器疾患全般の検査・治療を行っている。