医師案内

血管外科

前田 剛志

前田 剛志(まえだ・こうじ)

Koji Maeda

血管外科部長
国際医療福祉大学 病院教授

血管外科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前東京慈恵会医科大学血管外科講師・診療医長
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医、日本脈管学会脈管専門医、胸部ステントグラフト指導医・実施医、腹部ステントグラフト指導医・実施医、日本血管外科学会認定血管内治療医、下肢静脈瘤レーザー実施医、難病指定医、肢体不自由指定医

大動脈瘤・大動脈解離をはじめ、末梢動脈疾患(頸動脈から下肢動脈まで)など血管病全般を担当する。従来の外科手術から血管内治療、それらを合わせたハイブリッド手術などの低侵襲治療を得意とする。また、動脈疾患だけでなく、下肢静脈瘤や深部静脈血栓症などの静脈疾患の治療も行う。治療を受ける患者様にとって、安全で質の高い医療を提供する。

瀧澤 玲央

瀧澤 玲央(たきざわ・れお)

Reo Takizawa

国際医療福祉大学 病院助教

血管外科

東京慈恵会医科大学卒
前東京慈恵会医科大学附属病院血管外科助教
日本外科学会認定外科専門医、日本脈管学会脈管専門医、日本血管外科学会血管内治療認定医、腹部ステントグラフト指導医、胸部ステントグラフト実施医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医

血管外科は、人体の脳および心臓以外のあらゆる血管病変に対応するが、特に胸部、腹部大動脈瘤は命に直結する重篤な病気である。動脈瘤治療に関して、いかに低侵襲に治療するかに特化しつつ、適切に治療を行うことを心がけている。また、下肢静脈瘤治療については700例以上の治療経験があり、静脈瘤の豊富な治療経験から、より低侵襲な治療を提供する。