医師案内

腎泌尿器外科

宮﨑 淳

宮﨑 淳(みやざき・じゅん)

Jun Miyazaki

腎泌尿器外科部長
国際医療福祉大学 医学部 腎泌尿器外科学主任教授

腎泌尿器外科<泌尿器悪性腫瘍全般、泌尿器感染症、男性不妊症>

筑波大学卒、医学博士
筑波大学腎泌尿器外科客員准教授
前国際医療福祉大学市川病院腎泌尿器外科部長、元筑波大学医学医療系腎泌尿器外科准教授、元筑波大学医学医療系講師、元筑波メディカルセンター病院泌尿器科科長
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、感染制御医(ICD)、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、ロボット(da Vinci Si)手術認定医、泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医、身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸機能傷害)、茨城県指導医養成講習会修了、茨城県緩和ケア研修修了

当科は質の高い医療と教育システムを備えている。治療対象は腫瘍性疾患、腎尿管結石などの尿路結石、急性の膀胱炎、腎盂炎、前立腺炎などの尿路性器感染症、過活動膀胱、前立腺肥大症、間質性膀胱炎、勃起障害など幅広く、より低浸襲な内視鏡手術を積極的に取り入れている。大学病院の使命を高いレベルで実践し、高度な専門医療を安全に提供していく。

河合 弘二

河合 弘二(かわい・こうじ)

Koji Kawai

国際医療福祉大学 医学部教授

泌尿器がん<特に精巣腫瘍>、化学療法、免疫療法

筑波大学卒、医学博士
前筑波大学腎泌尿器外科講師、前筑波大学附属病院総合がん診療センター副部長、元ノースウェスタン大学医学部病理学科研究助手
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、日本癌治療学会認定医

泌尿器がんに対する化学療法、免疫治療などの薬物療法を専門とする。特に青壮年に多い精巣腫瘍に関しては、わが国有数の治療経験を持つ。また、難治性精巣腫瘍の治療やセカンドオピニオンにも積極的に取り組んでいる。疾患に関する正確な情報を患者様にわかりやすくご説明し、そのうえで最新・最善の治療をご提供するよう努めている。

井上 高光

井上 高光(いのうえ・たかみつ)

Takamitsu Inoue

国際医療福祉大学 医学部教授

腹腔鏡手術・ロボット手術<腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、前立腺がん>、腎移植、慢性腎不全、尿道狭窄

秋田大学卒、医学博士
前秋田大学大学院医学系研究科腎泌尿器科学講座准教授、元秋田大学附属病院血液浄化療法部講師、元秋田大学医学部泌尿器科助手、元京都大学附属病院泌尿器科、Postdoctoral fellow, Jewish General Hospital / McGill University, Montreal, Canada、日本泌尿器科学会専門医 指導医、日本透析医学会透析専門医、日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医、ロボット支援手術プロクター認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医、日本移植学会移植認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本癌治療学会がん治療認定医、身体障害者福祉法指定医(ぼうこう又は直腸機能傷害、じん臓機能障害)、da Vinci console surgeon(Si, Xi)指導医養成講習会修了、緩和ケア研修修了

泌尿器がん(腎がん、膀胱がん、前立腺がん)に対する手術療法(腹腔鏡手術、ロボット手術)、抗がん薬、分子標的薬、免疫療法薬、放射線療法および慢性腎不全に対する腎移植を専門としている。また、尿道損傷の形成術にも力を入れている。泌尿器がん治療では、病状と患者様の人生の物語にあわせて、最適・最良の選択肢を提示し遂行できるよう、また腎移植は慢性腎不全の患者様の生活の質を高める、安定した標準治療として当院で定着させるよう力を入れていきたいと考えている。

小野澤 瑞樹

小野澤 瑞樹(おのざわ・みずき)

Mizuki Onozawa

国際医療福祉大学 医学部准教授

腎泌尿器外科<泌尿器腫瘍、尿路結石治療全般、前立腺癌データベース研究等>

筑波大学卒、同大学院修了、医学博士
前国際医療福祉大学市川病院腎泌尿器外科副部長、元東京北医療センター泌尿器科医長、元筑波大学医学医療系腎泌尿器外科講師、元国際医療福祉大学三田病院泌尿器科、元国際医療福祉大学病院腎泌尿器外科医長
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、筑波大学臨床研修認定指導医、難病指定医、茨城県指導医養成講習会修了、緩和ケア研修修了

前立腺肥大症、前立腺がん、尿路結石症に代表されるような多くの泌尿器科の病気は、さまざまな方法により治療することができる。治療の方法を決めるうえで、患者様の自己決定権を最大限尊重することをモットーとしている。

高岡 栄一郎

高岡 栄一郎(たかおか・えいいちろう)

Eiichiro Takaoka

国際医療福祉大学 医学部准教授

腎泌尿器外科

筑波大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院腎泌尿器外科医長、元ピッツバーグ大学リサーチフェロー、元筑波大学医学医療系講師
日本泌尿器科学会認定指導医・専門医、日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、緩和ケア研修修了

前職の筑波大学では尿路上皮がんの臨床研究や基礎研究を、留学先のPittsburgh大学では排尿生理学の基礎研究に従事していた。最新の知見に基づいた最良の医療を患者様にご提供できるよう心がけている。

黒部 匡広

黒部 匡広(くろべ・まさひろ)

Masahiro Kurobe

国際医療福祉大学 病院講師

泌尿器科全般、泌尿器悪性腫瘍<前立腺がん、膀胱がん、腎がん、精巣腫瘍など>、男性機能障害、排尿機能障害

三重大学卒、医学博士
前ピッツバーグ大学リサーチフェロー、元筑波大学泌尿器科病院講師、元聖路加国際病院初期研修医・泌尿器科医師、元医学教育振興財団英国派遣奨学生
日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、日本性機能学会専門医、緩和ケア研修修了

泌尿器科疾患全般を幅広く診療している。前職の筑波大学では、尿路上皮がんや精巣腫瘍の臨床研究や基礎研究を行い、留学先のピッツバーグ大学では排尿生理学の基礎研究に従事していた。千葉県では十数人しかいない日本性機能学会専門医として、男性機能障害の診療にも力を入れている。米国医師免許試験USMLE step1に合格、実技試験USMLE step2 CS受験経験も有し、米国・英国での病棟実習経験も豊富で、英語での診療にも対応している。最新のエビデンスに基づいた医療をご提供できるよう心がけている。