医師案内

リハビリテーション科

角田 亘

角田 亘(かくだ・わたる)

Wataru Kakuda

リハビリテーション科部長、リハビリテーションセンター長
国際医療福祉大学 医学部 リハビリテーション医学主任教授

リハビリテーション科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学市川病院副院長、元国際医療福祉大学三田病院リハビリテーション科副部長、元東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座准教授、元Stanford大学脳卒中センター客員研究員、元国立循環器病センター内科脳血管部門専門修練医・レジデント
日本リハビリテーション医学会認定指導医・リハビリテーション科専門医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本内科学会認定内科医、日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医、義肢装具等適合判定医、身体障害者福祉法第15条指定医、難病指定医

リハビリテーション科専門医として、さまざまな疾患・病態に対するリハビリテーション医療を行ってきた。特に、脳卒中やパーキンソン病などの神経疾患に対するリハビリテーションが専門である。最近では、経頭蓋磁気刺激(TMS)治療、ボツリヌス毒素治療に精力的に取り組んでいる。