医師案内

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

野口 佳裕

野口 佳裕(のぐち・よしひろ)

Yoshihiro Noguchi

国際医療福祉大学 医学部 耳鼻咽喉科学主任教授

難聴(遺伝性難聴、小児難聴など)、耳鳴、めまい、顔面神経麻痺、中耳手術、人工内耳・人工中耳手術

東京医科歯科大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院耳鼻咽喉科部長、元信州大学医学部人工聴覚器学講座教授
日本耳鼻咽喉科学会認定専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医、日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医、めまい平衡医学会めまい相談医、補聴器適合判定医師・補聴器相談医、騒音性難聴担当医・耳科手術暫定指導医

耳鼻咽喉科の病気の中でも、難聴、耳鳴り、めまい、顔面神経麻痺などの耳の病気の診断と治療を専門としている。手術による治療としては、中耳炎に対する鼓室形成術、顔面神経麻痺に対する神経減荷手術、高度難聴に対する人工内耳手術などの人工聴覚器手術を多数行っている。

岡野 光博

岡野 光博(おかの・みつひろ)

Mitsuhiro Okano

耳鼻咽喉科・頭頚部外科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

鼻領域一般(内視鏡下鼻内手術、アレルギー性鼻炎、好酸球性副鼻腔炎、鼻茸、嗅覚・味覚障害など)

香川医科大学卒、医学博士
岡山大学客員教授
前国際医療福祉大学病院耳鼻咽喉科部長、元岡山大学大学院医歯薬学総合研究科耳鼻咽喉・頭頸部外科学准教授、元ハーバード大学公衆衛生大学院免疫感染症学講座博士研究員
日本耳鼻咽喉科学会認定専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医、日本アレルギー学会認定指導医・アレルギー専門医

耳鼻咽喉科の中でも鼻疾患を専門としている。特に、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(鼻ポリープ)など炎症性疾患の診療に注力している。薬物療法や免疫療法などの内科的な治療とともに、手術などの外科的治療も手がける。これらの治療法の中から、患者様が納得し満足いただける治療を行うことを心がけている。手術については、これまでに3,700件を超える内視鏡下の鼻手術を行ってきた。安全で丁寧な手術をモットーにしている。

今西 順久

今西 順久(いまにし・よりひさ)

Yorihisa Imanishi

国際医療福祉大学 医学部教授

耳鼻咽喉科頭頸部外科、頭頸部腫瘍、甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍

慶應義塾大学卒、医学博士
前川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科部長、元慶應義塾大学耳鼻咽喉科専任講師、元平塚市民病院耳鼻咽喉科部長、元University of Pittsburgh Cancer Institute, Research Associate、元静岡赤十字病院耳鼻咽喉科医長
日本耳鼻咽喉科学会認定専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医、頭頸部がん専門医制度専門医、日本気管食道科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア研修終了

頭頸部悪性腫瘍の治療に際し、病気の根治のみならず、治療に伴う身体的負担をできるだけ少なくすると同時に、治療後の身体機能(特に食事を摂ることおよび声を使うこと)をできるだけ良好に保つことに最大限配慮している。特に、早期の咽喉頭がんに対し、根治性と機能温存を両立する低侵襲な手術治療として、内視鏡下経口的咽喉頭部分切除手術を十数年来推進している。多様な医療機関で築いてきた専門的な知識と豊富な経験に基づいて、進行がんに対しても手術・放射線治療・化学療法を適切に組み合せることで、患者様お一人おひとりに最適と考えられる治療法をご提供している。

渡部 佳弘

渡部 佳弘(わたなべ・よしひろ)

Yoshihiro Watanabe

国際医療福祉大学 病院講師

耳鼻咽喉科
頭頸部腫瘍<低侵襲・臓器機能温存治療、内視鏡手術:経口的咽喉頭腫瘍、鼻副鼻腔腫瘍、頭蓋底腫瘍>

藤田保健衛生大学(現 藤田医科大学)
前東京都済生会中央病院耳鼻咽喉科副医長
日本耳鼻咽喉科学会専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医、日本気管食道科学会認定気管食道科専門医、日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医、緩和ケア研修修了

頭頸部腫瘍の治療は、特に咽喉頭悪性腫瘍に対して低侵襲で臓器機能温存をめざし、内視鏡を用いた経口的咽喉頭手術を中心に行ってきた。治療方針は、消化器科、腫瘍内科、脳神経外科、放射線治療科、形成外科、歯科口腔外科などとも連携し、患者様ご自身が最善の治療法を選択できるよう尽力している。

岡 愛子

岡 愛子(おか・あいこ)

Aiko Oka

国際医療福祉大学 医学部助教

鼻領域一般(内視鏡下鼻内手術、アレルギー性鼻炎、好酸球性副鼻腔炎、鼻茸、嗅覚・味覚障害など)、唾液腺炎、睡眠時無呼吸症候群

岡山大学卒
前国際医療福祉大学三田病院耳鼻咽喉科、元四国がんセンター頭頸科・甲状腺腫瘍科、元香川労災病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科、元倉敷中央病院
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、日本気管食道科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア研修修了

耳鼻咽喉科の病気の中でも、鼻疾患、扁桃・アデノイド肥大、閉塞性睡眠時無呼吸を中心に診断、治療を行っている。アレルギー性鼻炎や鼻中隔弯曲症、副鼻腔炎などの鼻疾患や扁桃肥大、アデノイド肥大が無呼吸の原因となっていることがあり、これらに対する手術治療も手がける。患者様の生活の質を上げられるよう、丁寧な診療を心掛けている。

赤松 摩紀

赤松 摩紀(あかまつ・まき)

Maki Akamatsu

長崎大学卒
耳鼻咽喉科一般
前岡山大学病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科レジデント、元国立がん研究センター中央病院頭頸部外科短期レジデント、元八戸市立市民病院

患者様お一人おひとりに最適な医療をご提供できるよう、日々診療に取り組んでいる。