医師案内

血液内科

中世古 知昭

中世古 知昭(なかせこ・ちあき)

Chiaki Nakaseko

血液内科部長
国際医療福祉大学 医学部 血液内科学主任教授

血液内科<急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、造血幹細胞移植>

千葉大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院血液内科、元千葉大学医学部附属病院血液内科科長・診療教授、前千葉大学大学院医学研究院細胞治療内科学講座准教授、元千葉大学医学部第2内科学講座助教、元米国Fred Hutchinson Cancer Research Center Clinical Fellow、元千葉県がんセンター血液・腫瘍科
日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医、緩和ケア研修修了

近年、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液疾患診療では、化学療法や分子標的療法、造血幹細胞移植療法などの進歩が大変めざましく、治療成績が大幅に向上している。患者様に最先端の医療をご提供するとともに、少しでも患者様、ご家族が安心して治療を受けられるよう、医師、看護師、薬剤師等の多職種からなるチームで力をあわせ、患者様の診療にあたっている。

織谷 健司

織谷 健司(おりたに・けんじ)

Kenji Oritani

国際医療福祉大学 医学部教授

血液内科

大阪大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院血液内科上席部長、元大阪大学医学部附属病院血液・腫瘍内科病院教授
難病指定医、緩和ケア研修修了

次々と新しい治療薬が開発され、今までむずかしい病気と考えられていた血液疾患のコントロールが可能となり、一部の病気だが治療ができるようになった。このような血液疾患治療における進歩を患者様にも実感してもらえるよう、新しい治療を積極的に取り入れていきたいと考えている。

森 直樹

森 直樹(もり・なおき)

Naoki Mori

国際医療福祉大学 医学部教授

臨床血液学<特に骨髄系腫瘍>

北海道大学卒、医学博士
Cedars-Sinai Medical Center, Division of Hematology and Oncology (USA)
前東京女子医科大学血液内科准教授・東医療センター内科准教授
日本血液学会認定血液専門医、日本内科学会認定内科医

健康診断で指摘された貧血などの血球減少症、血球増加症、リンパ節腫脹の診断と、地域の医療状況や年齢を考慮した診療を心がけている。特に慢性の白血球増加症、多血症、血小板血症に関しては、 腫瘍遺伝子検査を実施し、WHOの診断基準に基づき治療を行っている。

渡部 玲子

渡部 玲子(わたなべ・れいこ)

Reiko Watanabe

国際医療福祉大学 医学部准教授

血液内科<造血幹細胞移植、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫>

広島大学卒、医学博士
埼玉医科大学総合医療センター客員准教授
前国際医療福祉大学三田病院血液内科、元成田赤十字病院血液腫瘍科部長、元埼玉医科大学総合医療センター血液内科准教授、元慶應義塾大学血液内科助教
日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医、日本医師会認定産業医、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了

白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍とともに、特発性血小板減少性紫斑病、血友病などの難病の診療にもあたっている。血液疾患にはむずかしい病気も多いが、患者様には病気に関する正しい情報をお伝えするとともに、お一人おひとりの患者様にとって最もよい治療をご提供したいと考えている。

大和田 千桂子

大和田 千桂子(おおわだ・ちかこ)

Chikako Ohwada

国際医療福祉大学 医学部准教授

血液内科<造血器疾患全般、造血幹細胞移植>

千葉大学卒、医学博士
前千葉大学医学部附属病院血液内科講師
日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア研修修了

最新の医療をわかりやすくご案内できるよう心がけている。

東ヶ崎 絵美

東ヶ崎 絵美(とうがさき・えみ)

Emi Togasaki

国際医療福祉大学 医学部助教

血液内科

千葉大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院血液内科、元大網白里市立国保大網病院血液内科診療科長、元千葉大学医学部附属病院血液内科、元千葉市立青葉病院内科、元千葉労災病院内科、元成田赤十字病院
日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、緩和ケア研修修了

血液疾患全般の診療を行っている。血液内科は研究と臨床が非常に近く、特に多発性骨髄腫や悪性リンパ腫などは、ここ数年で新しい治療薬が次々と導入されている分野である。最新の知見に基づき、お一人おひとりの患者様にとって最も適した治療をご提案し、ともに決定しながら治療を行っていける医療をめざしている。