教育システム

リハビリテーション技術部では、①IUHW南関東・東海ブロック地区人材育成システム、②部内共通教育研修、③部門別教育研修からなる教育体制を敷いており、大学附属病院としてキャンパスと連携した卒後教育および従事者教育を展開しております。

臨床推論型OSCE

①IUHW南関東・東海ブロック地区人材育成システム
各年代に必要とされる「臨床・教育・研究・管理」能力の向上を目的とした、ラダー別の教育体系を整備し、各専門職の能力開発や臨床実践能力だけでなく、社会および組織の一員として、広く社会に貢献できる人材の育成を図ります。


②部内共通教育研修
誰しもが科学的根拠に基づくリハビリテーションを均質に提供できるよう、疾患別・障害別のBasic protocolを整備し、最善のリハビリテーションを追求しております。これを基にしたPT・OT・ST合同のリハビリカンファレンスを隔週開催しており、最新の文献検索を基盤とした病態把握・予後予測のもと、科学的根拠に基づく評価の展開、目標設定、治療内容についての症例検討を行っております。
また、年1回、PT・OT・ST合同で臨床推論型OSCEを行っております。模擬患者に対して評価から治療までの臨床推論をPT・OT・ST協働で検討するとともに、実技についてはOSCE評価を並行して行うことにより、リハビリテーションにおける臨床思考過程と臨床技術の向上を図っております。

臨床推論型OSCE臨床推論型OSCE

③部門別教育研修
各部門1回/週の勉強会を行い、Basic protocolの整備や、これを基にした症例検討を行っております。その他、卒後教育としては、新入職者に対するプリセプター制を導入しております。臨床に関する一般業務や、身につけておくべき基本技術について、プリセプターからの指導を受けます。また、実際のリハビリテーションにおいては、経験豊富な多数の先輩からの指導は勿論、臨床指導として大学から専門教員が新入職者の臨床をサポートする体制にあります。

従事者研修一例

  南関東・東海ブロック教育システム 部内共通教育研修 POS部門別教育研修
4月 1年目研修(オリエンテーション) 臨床推論OSCE報告会 各部門 1/週の勉強会を開催
5月 年代別研修開催 第2・第4週にリハビリカンファレンス(POS合同症例検討)開催
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月 1年目研修予演会
3月 1年目研修(症例報告) 臨床推論OSCE

新入職員教育研修一例

  研修項目 講師
1 リハビリテーション医学概論 角田主任教授
2 急性期リハビリテーション 角田主任教授
3 リスク管理 角田主任教授
4 脳卒中リハビリテーション 角田主任教授
5 移乗技術 森井室長
6 ICUにおける全身管理 麻酔科
7 ICU看護 看護部
8 ICU栄養管理 看護部
9 人工呼吸器・離脱プロトコル 臨床工学技士
10 生体モニター・ベッドサイドモニター 臨床工学技士
11 画像読影 放射線技術部
12 生化学・血算データ 検査部
13 BLS/AED 看護部
14 感染防御 感染委員会
15 防災 防災委員会
16 臨床実習(CCS) 学科教員
17 リハビリ提供における基本共通スキル プリセプター
18 各部門における基本的専門スキル プリセプター