理学療法について

理学療法部門責任者からのメッセージ

リーダー 後藤 和也

後藤 和也

わたしたち理学療法部門のスローガンのひとつに、「思いやりを忘れず、互いを高めあえる仲間づくり」ということを挙げています。これは開院当初にスタッフ全員で考えたスローガンです。これには、患者さんに対しては当然ですが、スタッフ同士であっても尊敬・感謝の念を持ち、お互いに成長できるようにとの意味が込められています。
国際空港を持つ成田の立地を生かし、大学病院として国内外問わず、最高の理学療法をご提供できるよう、常に探求心と向上心を忘れずに、理学療法士の専門性を発揮してまいります。

理学療法部門の紹介

脳血管疾患・運動器疾患・神経筋疾患・呼吸器疾患・循環器疾患などのさまざまな疾患に対し、認定理学療法士や心臓リハビリテーション指導士・呼吸療法認定士など、各種の専門資格を持った理学療法士が超急性期より理学療法をご提供します。各診療科の専門医と連携しながら、各種の理学療法評価や専門機器を用いた評価をもとに早期から支援します。
また、本学成田キャンパスの専任教員との連携も強固で、つねに最新の知見を取り入れながら科学的根拠に基づいた治療を進めています。