産科で母親学級とマタニティヨガを開始します

当院の産科では、8月下旬より母親学級とマタニティヨガを開始することになりました。
先日行われたデモンストレーションの様子と参加者の声をお知らせします。

7月に妊婦参加者2名を迎え、当院・健診棟2Fにある健康増進センター 内のスタジオで、ヨガのインストラクター資格を持つ当院の助産師による「母親学級」と「マタニティヨガ」を行いました。

助産師による母親学級/スライドを使用しながらご説明

インストラクター資格を持つ嶋田助産師(中央)によるマタニティヨガ
*撮影時のみマスクをはずしています


助産師からのメッセージ

助産師からのメッセージ

助産師/ヨガインストラクター
嶋田理恵

*妊娠された方、出産する病院を探している方へ*

新たな命を宿すことはとても神秘的な体験で、また人生においてもとても幸福な時間です。10か月間という限られた時間の中で、お腹のふくらみや、胎動、つわりや胸の張りなど、さまざまな体の変化を迎えると思います。これもすべて、ママの体が赤ちゃんにとって最適な環境を整えるための生体反応です。
女性の体は誰かから指示されなくても、妊娠したら体が自発的に作動し、優れた機能を発揮してくれます。しかし、心にはそのような適応機能はありません。妊娠中は体だけでなく、心のケアもとても重要です。心をケアすることはその後の妊娠経過だけでなく、育児への意欲にも大きく影響を与えると言われています。私たちにとって妊娠生活を楽しく充実して送るためのお手伝いができることは、何よりの喜びです。

2020年に開院した当院は、分娩件数もまだそう多くないかわりに、お一人ひとりの妊婦さんに丁寧に向き合える環境です。病室や設備も新しくきれいで、入院しているというよりは、まるでホテルに滞在しているような贅沢な気分が味わえるのも魅力です。
産後は当院のオリジナルグッズや8Fレストランでのお祝い膳など、オプションのプレゼントをご用意しており、ママたちにとってはうれしい特典が満載です。
私たち助産師は、何よりも妊産婦さんを大切に思い、相手に寄り添ったケアを大事にしています。喜びや悲しみなどさまざまなシーンでの感情を共有し、温かい手を差し伸べるケアができることをめざしています。

*マタニティヨガについて*

これから始まるマタニティヨガのクラスは、産科の医師たちの推薦のもと実現することになりました。
私がヨガに出会ったのは10年ほど前です。ヨガのゆっくりとした、呼吸に合わせた動きはとても心地良く、他のスポーツに比べると、強度が低くて技術を必要としません。こうしたヨガの身体的・精神的両面にアプローチできる特性は、ホルモンの影響で心も体も揺らぎやすい妊娠中の女性にとって、親和性の高いものです。
私のほか看護師長もヨガのインストラクター資格を持つ助産師であるため、妊娠中の女性の体の特徴を理解しながら、出産時に役に立つ体の使い方などの指導がご提供できます。
私がマタニティヨガの指導をするなかで大切にしていることは、呼吸です。普段呼吸することに意識を向ける機会は少ないと思いますが、私たちが生きるうえで呼吸はなくてはならない要素です。そして、呼吸は心と連動しています。呼吸を深く取り入れることで体の力が抜け、心身ともに非常にリラックスできます。妊娠をきっかけに改めて、呼吸や体と心に向き合う時間を皆さんと一緒に共有できればと思います。


参加者の声

長根さん

妊娠10ヶ月(36週)で
参加した長根さん

*母親学級について*

今回は分娩に関わる内容だったので、出産間近な私にとって改めて心の準備ができました。分かりやすいスライドを使って説明してくださり、初めての出産に際してこの時はこうすれば良いという安心と確信が持てました。
陣痛の兆候に関する説明や分娩の流れについても分かりやすいイラスト付きで説明、分娩室の写真なども見せてくださったので、いろいろなことをイメージしながら話を聞くことができました。
私はこの病院で出産予定で、妊婦健診のときに助産師さんから、お産までの段階に応じた「Happy Birth」という分かりやすいテキストをいただき、それに沿った保健指導を受けています。妊娠生活や入院・出産時の説明等がありますが、その他にも、自分が不安に思っていることがあれば気軽に相談に乗ってくださるので、妊娠生活を安心して送ることができています。私もそうですが、初めての方にとってはとても良い時間になると思います。

*マタニティヨガについて*

初めてマタニティヨガに参加しましたが、インストラクターが助産師さんであることに安心と魅力を感じました。もともと柔軟性がないにもかかわらず、妊娠中でさらに体が思うように動かなくなっていることや、お腹のふくらみで膀胱が圧迫され、お手洗いがとても近い状況で参加することなどに不安な気持ちがありました。
しかし実際に参加してみて、マタニティヨガという名の通り、妊婦に合う動きや体勢だったことと、最初に「お手洗いに行きたくなったら自由に行ってください」と言ってくださったので、無理なく、安心して参加することができました。 途中、できないポーズや姿勢があったときには、インストラクターがすぐに気づいてくださり、安全な状態で安心してヨガを行うことができたので、とても有意義な時間を過ごせました。
やはり助産師さんでもあるインストラクターの目線や気配りは違うなと思いました。
ヨガ終了後は血流が良くなったのかとても体が柔かくなり、気分もすっきりしてリフレッシュすることができました。
お腹の中にいる赤ちゃんにも、マタニティヨガの呼吸によって良い酸素を取り込めた気がしており、機会があればまたぜひ参加したいと思っています。


川相さん

妊娠6ヶ月(23週)で
参加した川相さん

*看護師として働きながら第1子を妊娠*

国際医療福祉大学成田病院が2020年に開院した時に看護師として就職しました。ゼロから誕生した病院なので、初めはルールやマニュアルがない中で患者さんの対応や後輩の指導をするなど大変なことがたくさんありましたが、みんなで一から創りあげていく楽しさを感じています。さまざまな経験をしている看護師が集まっているため、とても多くのことを学べるのもこの病院の魅力のひとつです。
そんななか、待望の1人目を妊娠してとても嬉しい気持ちですが、少しずつ変化していく体調に戸惑いながら、現在も病棟で働いています。
体調が不安定な中で働くことが辛いこともしばしばありますが、看護師長をはじめ病棟スタッフがいつも温かい言葉で気にかけてくださるので、恵まれた環境で仕事ができることに感謝する日々です。
初めてのお産で不安もありますが、温かいスタッフたちがいる自分の病院でお産がしたいと思いました。出産後は、自分の妊娠・出産経験を通して、産科ナースとして成長できたらいいなと思っています。

今回初めてマタニティヨガに参加して、お産に向けた身体作りをするという意識を持つことができました。ヨガの呼吸法を身につけてスムーズなお産になるよう願いを込めながら、これからも自宅でも続けていきたいです。

初めての方へ

「妊娠したかも?」と思われたら、早いうちにご来院ください。

初診の方へ詳しくはこちら 

再診の方へ

予約制です。スムーズな受診のためご理解とご協力をお願いします。

再診の方へ詳しくはこちら 

ご予約については

Contact Information

0476-35-5576
(予約センター)

電話受付時間/月曜日~土曜日
8:30~17:30(祝日は除く)

お問い合わせは

Contact Information

0476-35-5600
(代表)

電話受付時間/月曜日~土曜日
8:30~17:30(祝日は除く)