出産について

自然分娩

医療介入を極力避けるお産のスタイルです。
陣痛が発生してからご来院いただき、陣痛が自然に強くなって分娩にいたるまで、ママの「産む力」をスタッフ全員で最大限にサポートします。


帝王切開

ママや赤ちゃんが普通のお産には危険で耐えられない場合、帝王切開が必要になります。妊娠中から危険が予測されるため予定して行う「選択的帝王切開」と、妊娠の状態が危険な時やお産の途中で危険と判断した場合に行う「緊急帝王切開」に分けられます。
帝王切開には麻酔が必要であり、普通のお産と比べてお産に伴う出血や感染症が多くなるうえ、稀ではありますが、腸や膀胱などの臓器損傷や静脈血栓・肺塞栓などの危険を伴うため、主に下記のような場合に限って帝王切開を行います。

帝王切開が必要なのは?

選択的帝王切開

  • 子宮筋腫・子宮形成などの子宮の手術を受けたことがある場合や、帝王切開をしたことがある場合
  • 赤ちゃんが骨盤位(さかご)や多胎妊娠
  • 胎盤が前置胎盤・低置胎盤
  • 児頭骨盤不均衡(狭骨盤)

緊急帝王切開

  • 赤ちゃんの状態が思わしくない場合(胎児機能不全)
  • 妊娠高血圧症候群や常位胎盤早期剥離が起こった場合
  • お産が非常に長びいた場合(遷延分娩)

帝王切開の流れ

手術直前から尿管を入れて持続導尿し、血栓予防処置を始め、点滴と尿管は手術の翌日まで続けます。手術の麻酔は通常、下半身麻酔で行い、手術中も意識はありますから、生まれた赤ちゃんの状態に応じて対面することができます。
手術の翌日から食事を開始し、少しずつ歩いていただきます。鎮痛処置をしっかり行うようにしていますので、痛みの心配はありません。数日するとシャワーもあびられ、普通のお産の場合とほぼ同じように過ごせるようになりますが、長めの入院が必要になります。当院では通常、手術の日とその後7日間の入院が必要です。

里帰り出産

当院で里帰り出産を希望される方は、原則として妊娠20週までにお申し込みください。
分娩のご予約は、お電話でお申込みください。

初診時にお持ちいただくもの

  • 健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 妊婦健康診査助成券
  • 診察券(当院を受診されたことがある方)
  • 産科医療補償制度の控え
  • 紹介状(里帰り出産をされる方は必要です)

お願い
妊娠34週以降は、当院で定期的に妊婦健康診査をお受けください。

初めての方へ

「妊娠したかも?」と思われたら、早いうちにご来院ください。

初診の方へ詳しくはこちら 

再診の方へ

予約制です。スムーズな受診のためご理解とご協力をお願いします。

再診の方へ詳しくはこちら 

ご予約については

Contact Information

0476-35-5576
(予約センター)

電話受付時間/月曜日~土曜日
8:30~17:30(祝日は除く)

お問い合わせは

Contact Information

0476-35-5600
(代表)

電話受付時間/月曜日~土曜日
8:30~17:30(祝日は除く)