診療科のご案内

呼吸器外科

肺がん・転移性肺腫瘍を主とする肺悪性腫瘍から、縦隔腫瘍・悪性胸膜中皮腫のほか、気胸をはじめとする良性疾患まで、幅広く診療します。

安全を第一に、患者様それぞれに適した治療を

十分な情報提供と説明を行い、患者様それぞれに適した治療を選択し、安全を第一に診療に取り組みます。

呼吸器内科と密に連携して、多角的に治療法をご提案します

手術治療が中心ですが、病態に応じて手術以外の治療法も選択いただけます。
呼吸器内科や放射線科と連携して、多角的な視点で治療方法を検討します。

主な対象疾患

肺がん、各臓器からの転移性肺腫瘍、縦隔(じゅうかく)腫瘍、嚢胞性肺疾患(気胸など) など

特長

1. 外科手術療法

当科は手術療法を中心に治療を行う診療科です。対象となる主な疾患は、肺がん、各臓器からの転移性肺腫瘍、胸腺関連腫瘍、悪性胸膜中皮腫などの悪性腫瘍となります。

呼吸器内科や放射線科と連携のうえ、個々の病状にあわせて治療方針を決定します。患者様には十分な病状・治療説明を行い、理解が得られた後に治療を受けていただきます。

2. 低侵襲・温存・根治をめざします
手術に関しては、安全な手術を第一とし、患者様に適したやさしい治療をご提供するように努めています。胸腔鏡を活用した手術で、創部を小さくして術後疼痛の緩和をしたり呼吸筋の温存をしたりするほか、気管支および血管の形成手術などを積極的に実施して、根治性を追求します。

図1

胸腔鏡下手術(右上葉切除+リンパ節郭清)
胸にあけた小さな穴から
ファイバースコープ(右側)を入れ、
モニターを見ながら執刀医が鉗子(左側)により、
リンパ節を取り除きます。
3. 周術期にリハビリテーションを
当院の特長である充実したリハビリテーションを術前術後に介入させることで、早期離床・術後合併症の減少・早期退院・術後のQOL(生活の質)の向上をめざします。
4. その他の専門領域や特殊医療
超音波気管支内視鏡(EBUS)による診断

末梢病変の診断(EBUS-GS)や縦隔・肺門リンパ節診断(EBUS-TBNA)を積極的に行い、ごく小さな病変部からも細胞を採取して診断することで、肺がん臨床病期(肺がんの進行度)を正確に評価し、正しい治療戦略を実施します。

サルベージ手術

進行肺がん症例に対する分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬使用後の、遺残腫瘍に対する外科的切除を検討します。

悪性胸膜中皮腫

従来のトリモダリティー治療(抗がん剤・手術・放射線照射)から免疫チェックポイント阻害薬使用など、病状に応じて呼吸器内科や放射線科と連携して治療に取り組みます。

重症筋無力症

脳神経内科と協力し、重症筋無力症に対する拡大胸腺摘除術を、胸腔鏡により低侵襲に行います。

機能回復手術

肺気腫における肺容量減少術や、横隔膜弛緩症による呼吸機能低下に対する横隔膜縫縮術を、胸腔鏡により行います(対象となる患者様は限られます)。

早期肺がんの検出および切除

いわゆるすりガラス陰影といわれる早期肺がん症例をCTで検出し、3D再構築画像を用いて機能温存を考慮した縮小手術(区域切除など)を積極的に行います。高齢者が多い肺がんにおいて、健康寿命を延長することが十分期待されます。

気管・気管支インターベンション

呼吸器内科と協力し、気道病変に対するステント留置やレーザー治療などを行います。

外来医師担当表

曜日 午前 午後
吉田(成)
吉田(成)
椎名 椎名
和田 和田
吉田(成)
和田 和田
【特記事項】
  • ※予約・紹介患者様優先となりますので、予約外で受診ご希望の方は電話でのお問い合わせをお勧めします。
  • ※担当医師が変更となる場合や診療を休止する場合があります。お電話でお問い合わせください。

その他の科の外来医師担当表はこちら

ご予約・お問い合わせ

●一般診療のご予約・変更(予約センター)
TEL:0476-35-5576
(月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)

●その他のお問い合わせ
TEL:0476-35-5600(代表)

●海外からのご予約(国際予約センター)
TEL:+81-476-35-5614
(日本時間 月曜日~土曜日 8:30~17:30 ※祝日は除く)
E-mail:med.info@iuhw.ac.jp