診療科のご案内

病理診断科

全身臓器の病理診断(組織診、細胞診、剖検)を行います。形態学から新しい分子病理学的手法まで、さまざまな手段を駆使し、正確な診断さらに治療方針決定に役立つ結果を迅速に報告できるよう、医師・臨床検査技師・事務職員が一丸となり体制を整えています。

特長

  • 各臓器に精通した病理医が多数在籍しており、それぞれの専門性を生かした高度な病理診断を行います。
  • 複数の病理医による多重チェックを行い、診断精度の向上を図ります。
  • ガラス標本をデジタル化したイメージデータを用いて、国際医療福祉大学附属病院間および学外施設とコンサルテーションネットワークを形成し、難解・稀少症例に対応します。
  • コンピューターによる画像解析システムを導入し、診断支援に利用します。また、同システムの高度化をめざした研究開発も進めていきます。

その他の専門領域や特殊医療