診療科のご案内

創傷治療センター

静脈うっ滞性潰瘍

なかなか治らない慢性創傷の治療

①ふくらはぎを飼い猫の爪で引っかかれてできた傷が悪化。病態は外傷に起因した静脈うっ滞性潰瘍。
②壊死した組織を切除しました。
③人工真皮の移植を行いました。
④壊死組織切除部に良好な血流の組織が形成されたので⑤網状植皮を行いました。
⑥治癒後も弾性ストッキングを着用して再発を予防しました。

※クリックすると大きい画像が開きます

悪性腫瘍による潰瘍

皮膚科、整形外科、形成外科による局所治療

悪性リンパ腫が原因の臀部潰瘍です。悪性リンパ腫の治療が奏功したので、潰瘍は軟膏で治りました。

※クリックすると大きい画像が開きます
悪性腫瘍を疑う症例

なかなか治らない傷の中には、皮膚がんの場合があります。

①右足にとげが刺さってできた小さな傷だと思い、ご自宅近くの病院で切開処置(矢印)を受けたが、とげがみつからないということで紹介されました。
②皮膚がんを疑い生検したところ、病理組織診断は高分化型有棘細胞がんでした。
③拡大切除を行い、反対の土踏まずの組織をかかとへ移植しました。その際、顕微鏡を使って移植血管を吻合しました。
④治療後6年を経過しましたが、再発はみられません。

※クリックすると大きい画像が開きます

透析中の治療

病態に合わせた治療

透析患者さんの足の傷は治りにくいのが特徴です 。この方は、巻き爪の治療を受けたら潰瘍が生じたそうです。
創傷は手術を行わなくても治る病態と、手術が必要な病態に分かれます。手術が必要な病態においても、それぞれの病態と患部への血流量によって、切断して傷口を 縫合する部位は異なります。

【手術せずによくなった例】

※クリックすると大きい画像が開きます

【手術が必要な状態と術後の状態】

※クリックすると大きい画像が開きます

【手術後のケア】
透析中の全身を管理して手術後の回復を促します。リハビリテーションによって足関節の機能も改善しました、専用の装具で自動車の運転も可能です。

※クリックすると大きい画像が開きます

糖尿病性壊疽

傷が治るために必要な血液の流れを良くする治療

①透析患者様に糖尿病性足壊疽が生じました。そのため、感染した壊死組織を切除しました。
②血管造影写真で、膝下の3本の動脈に閉塞が確認された(赤・青・黄矢印の先端部)ので循環器内科でカテーテル治療を行いました。
③3本の動脈すべてで血流が改善されました。
④かかとを残す手術で治癒しました。

※クリックすると大きい画像が開きます
傷の背景にある機能障害の回復

①虚血を合併した糖尿病性右足壊疽を生じた患者様は、左下腿をすでに他院で切断されていました(②の*)。
②血管外科で膝の裏と足の甲の間にバイパス手術を行い、血流を改善しました(赤矢印がバイパス血管)。
③かかとの壊疽を切除後に背部の筋肉と皮膚を移植しました。移植した背部の組織の動脈(②青矢印)はバイパス血管(②赤矢印)に顕微鏡を使って吻合しました。右1,4,5趾の糖尿病性壊疽は切断しました。
④右下肢の救肢手術後は、リハビリテーションに努めました。
⑤手術後7年経ちましたが、創傷の再発はありません。

※クリックすると大きい画像が開きます

膠原病性潰瘍

他院で切断といわれた足の救肢

膠原病性潰瘍が悪化したために生じた両足の壊疽です。切断しなければ治らないと他院で言われたそうです。
両足ともに壊死組織を切除して、局所陰圧閉鎖療法後に網状植皮を行い治癒しました。また、この方は手指にも潰瘍がありましたが、軟膏治療で治癒しました。

※クリックすると大きい画像が開きます
傷の背景にある病気の治療

両足に膠原病性潰瘍が生じた患者様に、膠原病治療と並行して、さまざまな局所治療を行い、治癒しました。

※クリックすると大きい画像が開きます

傷の免荷

傷は押されたり、擦れたりすると治りません。様々な部位の傷に対応した免荷装具の装着が、慢性創傷の治療では大切です。
①右第1趾潰瘍 ②使用した免荷サンダル ③治癒しました

※クリックすると大きい画像が開きます

①蜂窩織炎により右足が腫れています。
②踏み返し部に潰瘍が生じています。
③潰瘍の局所治療材料と免荷を目的とした中敷きを装着。
④患部保護のため踏み返しを制限することで治癒しました。

※クリックすると大きい画像が開きます

①左第1、3趾壊疽があり、ガーゼを固定するために使用されたテープで左足関節部はかぶれていました。
②左踵の壊疽、アキレス腱部は包帯で擦れて潰瘍になっていました。
③歩行時と就寝時(透析治療中)に免荷装具を装着し治癒しました。
④左第1、3趾は切断、アキレス腱部は外用薬、踵は植皮で治療しました。

※クリックすると大きい画像が開きます
傷の再発予防

ご自身の足に合った履物で足を守ることが、再発を予防するうえで重要です。

※クリックすると大きい画像が開きます

靴下の縫い目による些細な圧迫や擦れ(黄矢印)も、足に障害のある方にとっては大敵です。 爪、たこ、魚の目のケアはもちろん、靴下選びもおろそかにできません。つま先に縫い目がない靴下等も市販されています。

※クリックすると大きい画像が開きます