専攻医募集

各プログラムの概要/モデルプラン

内科プログラム

プログラムの概要

当プログラムは、千葉県にある国際医療福祉大学成田病院を基幹施設として、同地域(千葉県)・関東医療圏(東京都、神奈川県、栃木県)等にある連携施設とで内科専門研修を経て関東医療圏等の医療事情を理解し、地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように訓練します。内科専門医としての基本的臨床能力獲得後はさらに高度な総合内科のGeneralityを獲得する場合や内科領域Subspecialty専門医への道を歩む場合を想定して、複数のコース別に研修を行って内科専門医を育成します。

モデルプラン

内科基本コース
内科専門医は勿論のこと、内科指導医や高度なGeneralistをめざす方も含まれます。将来のSubspecialtyが未定な場合に選択することもあり得ます。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 消化器内科 腎臓内科 循環器内科 糖尿病代謝内分泌内科
1回/月のプライマリケア当直研修を6か月・1年目にJMECCを受講
平日当直 週1回・週末日当直 月1回(2年目も)
2年目 連携施設
初診+再診外来 週に数回担当(プログラムの要件)
安全管理セミナー・感染セミナーの年2回の受講、CPCの受講
3年目 呼吸器内科・
アレルギー膠原病内科
脳神経内科 血液内科・腫瘍内科 総合診療科・感染症科
内科専門医取得のための病歴提出準備

Subspecialty重点コース
希望するSubspecialty領域を重点的に研修するコースです。研修開始直後の4か月間は希望するSubspecialty領域にて初期トレーニングを行います。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 消化器内科 腎臓内科 循環器内科 糖尿病代謝内分泌内科 呼吸器内科・
アレルギー膠原病内科
1回/月のプライマリケア当直研修を6か月・1年目にJMECCを受講
平日当直 週1回・週末日当直 月1回(2年目も)
2年目 連携施設
初診+再診外来 週に数回担当(プログラムの要件)
安全管理セミナー・感染セミナーの年2回の受講、CPCの受講
3年目 脳神経内科 血液内科・
腫瘍内科
総合診療科・
感染症科
消化器内科
内科専門医取得のための病歴提出準備

プログラムの詳細はこちら

外科プログラム

プログラムの概要

当プログラムの研修期間は3年間とします。一般社団法人日本専門医機構外科研修プログラム整備基準に則り、基幹病院である国際医療福祉大学成田病院及び関連病院にて、外科領域の研修を行います。各領域の研修期間や研修施設については、専攻医一人ひとりの希望や事情に十分に配慮し、決定します。

モデルプラン

総合外科コース
ゼネラリストとして3年にわたり全般的な外科診療を経験し、外科専門医取得後(4年目以降)に、サブスペシャルティ領域の専門医を取得します。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設
一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
2年目 連携施設
一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
3年目 基幹施設
基幹施設での研修を基本として、Subspecialty領域への連動を見越した専門的な研修に入る

サブスペシャルティ連動型領域コース
3年間の研修期間で2年次あるいは3年次よりサブスペシャルティ領域(消化器外科、心臓外科、血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺外科)の専門研修を開始します。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設 連携施設
一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
2年目 連携施設
一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
3年目 基幹施設 連携施設
サブスペシャリティ領域の研修を中心に行うとともに、
連携施設で不足した症例数に対してローテートします

大学院コース
専門研修期間中に大学院へ進むことも可能です。大学院コースを選択して研修を行いながら、同時に大学院に入学し、研究を開始することが可能です。その期間は専門研修期間として扱われます。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設 連携施設
一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
2年目 連携施設
一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌
3年目 大学院
大学院で臨床研究や基礎研究を開始(専門研修期間として扱う)

プログラムの詳細はこちら

麻酔科プログラム

プログラムの概要

当プログラムでは、責任基幹施設である国際医療福祉大学成田病院、関連研修施設の千葉大学医学部附属病院、東京大学医学部附属病院、横浜市立大学附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、埼玉県立小児医療センターにおいて、専攻医が整備指針に定められた麻酔科研修の到達目標を達成できる専攻医教育を提供し、十分な知識・技術・態度を備えた麻酔科専門医を育成します。

モデルプラン

基本コース

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設
基本的な手技と専門知識を修得
2年目 連携施設
発展的な手技と専門知識を修得
3年目 基幹施設
特殊症例の周術期管理を指導医のもと、安全に行う
4年目 基幹施設
特殊症例の周術期管理を安全に行う

プログラムの詳細はこちら

整形外科プログラム

プログラムの概要

当プログラムの研修期間は3年9か月間です。この研修期間内に一般社団法人日本専門医機構整形外科研修プログラム整備基準に定められた45単位を修得していただきます。整形外科における研修領域は10に分けられており、基幹施設である国際医療福祉大学成田病院に加え連携施設をローテートすることですべての領域について必要かつ十分な研修を行うことができます。また研修期間を通して最低1回の学会発表と論文作成を行うことでリサーチマインドを養っていただきます。
他のプログラムにはない当プログラムの大きな特長は3つあります。1) 基幹・連携施設間の有機的連携:基幹施設ならびに6つの連携施設はいずれも本学のグループ病院であり、指導医同士の融通や連絡が密に取ることができ、効率的な研修が可能です。2)専攻医の社会保障:一般的な専門研修プログラムにおいては、ローテートする施設が変わるたびに勤務条件、社会保険等が変わり、種々の不都合が生じる可能性がありますが、当プログラムにおいては、どこの連携施設をローテート中であってもまさに国際医療福祉大学グループの一員であり、その身分が確実に保証されます。3)連携施設の高い専門性:7つの研修施設のうち6つは国際医療福祉大学の附属病院であり、かつ地域における基幹病院です。これにより所属する専攻医は専門医となるために必要な整形外科の一般疾患・外傷の経験を重ねながら、大学病院の持つ専門性を身につけるという非常に効率の良い研修ができます。

モデルプラン

ローテーションプランA(整形外科医として基本的な領域を満遍なく学びます)

  1年目 2年目 3年目 4年目
施設 基幹:成田病院 連携:塩谷病院 連携:国福病院(前半)
山王病院(後半)
連携:市川病院

ローテーションプランB(脊椎外科を将来めざす例)

  1年目 2年目 3年目 4年目
施設 基幹:成田病院(前半)
連携:山王病院(後半)
基幹:成田病院 連携:国福病院(前半)
熱海病院(後半)
連携:熱海病院(継続)
基幹:成田病院(後半)

プログラムの詳細はこちら

救急科プログラム

プログラムの概要

当プログラムの目的は、「地域住民に救急医療へのアクセスを保障し、良質で安全かつグローバルな標準的医療を地域に提供できる」救急科専門医を育成することです。当研修プログラムを修了した救急科専門医は、急病や外傷の種類や重症度に応じた総合的判断に基づき、必要に応じて他科専門医と連携し、迅速かつ安全に急性期患者の診断と治療を進めるためのコンピテンシーを年次に則して修得することができるようになります。また急病で複数臓器の機能が急速に重篤化する場合、あるいは外傷や中毒など外因性疾患の場合は、初期治療から継続して根本治療や集中治療においても中心的役割を担うことが可能となります。さらに地域ベースの救急医療体制、特に救急搬送(プレホスピタル)と医療機関との連携の維持・発展、加えて災害時の対応にも関与し、地域全体の安全を維持する仕事を担うことも可能となります。その他、診療についてだけでなく医療者としてのコミュニケーション能力や救急部門のマネジメントについても学び、全人的な医療人としての成長をめざします。

モデルプラン

基本コース

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設
救急診療における基本的知識・技能の習得
2年目 連携施設
救急診療における応用的知識・技能の習得
3年目 基幹施設
救急診療における実践的知識・技能の習得

プログラムの詳細はこちら

リハビリテーション科プログラム

プログラムの概要

リハビリテーション科専攻医の専門研修(後期研修)プログラムは3年間です。現在、リハビリテーション医療がカバーする臨床領域は非常に広いものとなっています。よって、3年間の専門研修期間中においては、異なった特色をもつ4つの病院(基幹施設+3つの連携施設)をローテーションすることで広く様々な疾患・病態を経験します。そして、いかなる疾患・病態に対しても適切な診察・評価・治療(リハビリテーション訓練の提供を含む)が行えるようになることを最大の目標とします。なお、各施設における研修期間は「ある程度は腰を据えて学んでいただく」ために最短で6か月間としています。さらには、将来的に「リハビリテーション医学者」としても活躍することができるように、専攻医の時から学会発表などの学術活動にも参加していただきたいと考えています。

モデルプラン

基本コース

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設
基本臨床能力、専門的知識、専門的技能の習得の習得
2年目 連携施設
リハ医療の基本となる「回復期リハ病棟におけるリハ医療」の習得
3年目 連携施設 基幹施設
リハ医療の基本となる
「回復期リハ病棟におけるリハ医療」の習得
専門的知識、専門的技能の習得の習得

プログラムの詳細はこちら

放射線科プログラム

モデルプラン

基本コース
国際医療福祉大学成田病院を中心に研修する基本的なコースです。基礎・臨床研究を体験できる体制が整っている国際医療福祉大学成田病院ではリサーチマインドも滋養します。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設
2年目 基幹施設
3年目 連携施設

連携施設重点コース
専門研修連携施設を中心に研修するコースです。専門研修基幹施設での1年間の基本研修修了後、専門研修連携施設で臨床医としての実地研修に重点をおきます。
専門研修連携施設は原則として1年ごと異動しますが、諸事情により2年間同一施設で研修することもあります。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設
2年目 連携施設
3年目 連携施設

博士号取得コース
専門医取得と博士号取得を同時にめざすコースです。大学院に進学し、専門研修基幹施設の国際医療福祉大学成田病院ならびに専門研修連携施設で、臨床現場での研修と臨床系研究および講義を両立しながら博士号取得をめざします。サブスペシャリティ領域の研修も、学位が取得できるまで同様の状況が持続します。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設・大学院
2年目 連携施設・大学院
3年目 連携施設・大学院

プログラムの詳細はこちら

耳鼻咽喉・頭頸科プログラム

プログラムの概要

<Advancedコース>
1年目(2022年度):国際医療福祉大学成田病院にて研修(希望者は社会人大学院へ入学し、基礎研究や臨床研究を行う。)
2年目(2023年度):国際医療福祉大学成田病院または連携施設において研修を行う。
3年目(2024年度):国際医療福祉大学成田病院または連携施設において研修を行う。
4年目(2025年度):国際医療福祉大学成田病院または連携施設において研修を行う。

※2年目以降に、サブスペシャルティ領域に重点を置いた研修(サブ領域重点コース)を選択することも可能である。

<Basicコース>
1年目(2022年度):連携施設にて研修
2年目(2023年度):国際医療福祉大学成田病院にて研修(希望者は社会人大学院へ入学し、基礎研究や臨床研究を行う。)
3年目(2024年度):国際医療福祉大学成田病院または連携施設において研修を行う。
4年目(2025年度):国際医療福祉大学成田病院または連携施設において研修を行う。

モデルプラン

1.Advancedコース

  1年目 2年目 3年目 4年目
施設 国際医療福祉大学
成田病院
(社会人大学院もあり)
国際医療福祉大学成田病院または連携施設
(サブ領域重点コース:耳疾患(難聴を中心に)、頭頸部がん、ボイス・音声、鼻疾患(アレルギー・炎症)、地域医療など)

例:ボイス・音声重点コース

  1年目 2年目 3年目 4年目
施設 国際医療福祉大学
成田病院
(社会人大学院もあり)
国際医療福祉大学 東京ボイスセンター 国際医療福祉大学
成田病院または連携施設

2.Basicコース

  1年目 2年目 3年目 4年目
施設 連携施設 国際医療福祉大学
成田病院
(社会人大学院もあり)
国際医療福祉大学
成田病院または連携施設

プログラムの詳細はこちら

皮膚科プログラム

プログラムの概要

当プログラムは国際医療福祉大学成田病院皮膚科を研修基幹施設として、国際医療福祉大学三田病院皮膚科、国際医療福祉大学病院皮膚科、山王病院皮膚科、東京大学医学部附属病院皮膚科、虎の門病院皮膚科、東京逓信病院皮膚科、国際医療研究センター皮膚科、NTT東日本関東病院皮膚科、自治医科大学医学部附属病院皮膚科、帝京大学医学部附属病院皮膚科、帝京大学医学部附属溝口病院皮膚科、同愛記念病院皮膚科、東京山手メディカルセンター皮膚科、相模原病院皮膚科、新松戸中央総合病院皮膚科を研修連携施設として、研修施設群を統括する研修プログラムである。なお、当プログラムは各研修施設の特徴を生かした複数の研修コースを設定している。

モデルプラン

臨床研修重点コース
基幹施設で皮膚科の基礎を学んだ後に連携施設を中心に研修する臨床研修に重点を置いた基本的なコース。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 基幹施設
2年目 連携施設
3年目 連携施設
4年目 連携施設
5年目 連携施設

皮膚外科重点コース
皮膚腫瘍・外科専門医として活躍できるように連携施設にて2年間手術を中心に学んだ後、基幹施設で更なる技術の向上をめざす皮膚外科研修に重点をおいたコース。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 連携施設
2年目 連携施設
3年目 基幹施設
4年目 基幹施設
5年目 基幹施設

博士号取得コース
研修後半に、博士号取得のための研究を開始するプログラム。博士号取得のコース

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 連携施設
2年目 基幹施設
3年目 大学院(臨床)
4年目 大学院(研究)
5年目 大学院(研究)

プログラムの詳細はこちら

総合診療プログラム

プログラムの概要

当プログラムの研修期間は3年間とします。一般社団法人日本専門医機構総合診療専門研修プログラム整備基準に則り、総合診療専門研修Ⅰ(診療所・小病院):6ヶ月以上、総合診療専門研修Ⅱ(病院総合診療部門):6ヶ月以上(総合診療専門研修ⅠおよびⅡをあわせて18ヶ月以上)、内科12ヶ月以上、小児科3ヶ月以上、救急科3ヶ月以上の研修を行う。専攻医の希望により、整形外科・産婦人科・精神科・皮膚科・眼科・ 耳鼻咽喉科などでの研修も最大6ヶ月まで組み込むことが可能です。

モデルプラン

ここに示した研修コースはあくまで一例であり、ローテーションの時期、施設については、専攻医ひとりひとりの希望や事情を考慮し、専攻医の希望に最大限沿うようにプログラム管理委員会で決定する。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 国際医療福祉大学成田病院
総合診療Ⅱ
2年目 国際医療福祉大学成田病院
or
千葉大学医学部附属病院
国際医療福祉大学塩谷病院
内科 内科
3年目 さんむ医療センター
or
南浜診療所
千葉市立海浜病院 国際医療福祉大学
成田病院
総合診療Ⅰ 小児 救急

プログラムの詳細はこちら