成田病院の臨床研修プログラムの特色

  • 約40の標榜診療科と、先進的な医療センターを設置している国際医療福祉大学成田病院をはじめ、国際医療福祉大学のグループ施設も含めた幅広い領域の中から、自由度の高いプログラムで研修医自身の目標・興味に応じた経験を積むことができます。
  • 病院の定める必修科として麻酔・集中治療科を選定し、将来の専門性にかかわらずgeneralな知識、病歴や診察所見から多臓器にわたる疾患の問題点を捉える力を麻酔・集中治療科の研修で身につけることを目標とします。合わせて日常診療あるいは患者急変時や重篤な病態に陥った際に必要な各種手技とその適応・合併症を学び、将来にわたりに必要な基本的診療能力を身につけることを目標とします。

成田病院の研修スケジュール(例)

1年目
1~4週 5~8週 9~12週 13~16週 17~20週 21~24週 25~28週
内科 救急科 麻酔
集中治療科
内科 内科 内科 内科
29~32週 33~36週 37~40週 41~44週 45~48週 49~52週
内科 救急科 産婦人科 小児科 外科 選択科
2年目
1~4週 5~8週 9~12週 13~16週 17~20週 21~24週 25~28週
地域医療 精神科 救急科 選択科
29~32週 33~36週 37~40週 41~44週 45~48週 49~52週
選択科

研修計画について

  1. 研修2年間(104週)の中で、必修科目の「内科、救急部門、地域医療、外科、産婦人科、小児科、精神科」及び選択科をローテーションします。また、選択科のなかで麻酔・集中治療科を病院で定める必修科とし、4週以上の研修を必須とします。
  2. 研修計画については、年度毎に臨床研修委員会にて研修医皆様の希望を確認して極力要望に即した内容で作成することといたしますが、院内各診療科や連携先の状況なども勘案して、臨床研修管理委員長の確認のもとに、必要に応じて研修途中であっても計画変更できるものとします。その場合、研修計画の変更内容に無理がない範囲内での変更を基本とします。
  3. 研修医の日・当直については、救急部門研修の一環として、2年間(104週)通年で従事します。日・当直体制については、指導医や上級医とともに2人以上の体制で行うものとし、月に3~4回程度を予定しております。
  4. 研修期間(2年間)を通じた休止期間の上限は90日(就業規則で規定する休日は含めない)とします。
    各研修分野に求められている必要履修期間を満たしていない場合、到達目標に必要な症例を経験していない場合は、2年目の選択科目の期間を利用する等により、あらかじめ定められた臨床研修期間内に各研修分野の必要履修期間・必要症例を満たすように該当する研修医とよく相談し、臨床研修委員会にて調整を行います。
  5. 全研修期間を通じて、感染対策、予防医療、虐待への対応、社会復帰支援、緩和ケア、ACP、CPCの研修も適宜実施します。

指導体制

  1. 各診療科の部長(=研修責任者)は、有意義な研修が行われるための責任をもつとともに、研修医の行う診療についても最終的な責任を負います。
  2. 担当の指導医(上級医)は、研修プログラムに基づき研修医の指導を行います。また、研修医に対する評価を行い、各診療科の部長に報告します。
  3. 実際の診療・手技等を研修医に実施させる場合は、各科の指導責任者の監督のもとに実施し、事故等が発生しないように、十分な配慮を持って指導します。
  4. 定期的に臨床研修委員会を開催し、研修医の研修状況把握に努め対応を協議します。

研修の記録および評価方法

  1. 指導医、診療科、研修プログラムの評価
    研修終了後、研修医による指導医・診療科・研修プログラムの評価が行われ、その結果は指導医、診療科へフィードバックされます。評価は原則としてEPOC2(オンライン卒後研修評価システム)にて行います。
  2. 研修プログラムの自己点検・評価
    研修プログラムが効果的かつ効率よく行われているかについて、定期的に(年1~2回)形成的評価を行います。

成田病院の臨床研修病院群

成田病院の臨床研修病院群は、グループ関連の医療・福祉施設を中心に構成し連携を図っています。

施設名 所在地 対応する診療科など
国際医療福祉大学成田病院 千葉県
成田市
内科、救急科、外科、精神科、
麻酔・集中治療科(病院必修
科目)、選択科
国際医療福祉大学病院 栃木県
那須塩原市
内科、救急科、外科、小児科、
産婦人科、選択科
国際医療福祉大学三田病院 東京都
港区
内科、救急科、外科、選択科
国際医療福祉大学熱海病院 静岡県
熱海市
内科、外科、産婦人科、選択科
国際医療福祉大学市川病院 千葉県
市川市
内科、外科、選択科
国際医療福祉大学塩谷病院 栃木県
矢板市
内科、外科、小児科、選択科
山王病院 東京都
港区
地域医療、産婦人科、選択科
高木病院 福岡県
大川市
内科、救急科、外科、産婦人科、
小児科、選択科
柳川リハビリテーション病院 福岡県
柳川市
選択科
国際医療福祉大学クリニック 栃木県
大田原市
地域医療
国際医療福祉大学健康管理センター 千葉県
成田市
地域医療
介護老人保健施設 マロニエ苑 栃木県
那須塩原市
選択科

※必修科目の内科、外科、救急部門については、原則、基幹型臨床研修病院でのローテーションを基本とし、ローテーションの都合上、協力型臨床研修病院または臨床研修協力施設で対応した方が良いと判断される場合に、基幹型臨床研修病院以外でも対応するものとします。
なお、地域医療研修は、千葉県内を中心に隣接都県の医療機関の追加を予定しています。

※選択科及び施設の選定は原則、研修医の希望に即して検討いたしますが、院内各診療科や連携先の状況などを勘案し、臨床研修管理委員長が計画の内容に無理がないと判断した場合に決定します。

年次報告様式

  • 病院見学会
  • 各診療科からのご紹介
  • 関連病院ネットワーク
  • 後期臨床研修のご案内