病院長ご挨拶

宮崎 勝

国際医療福祉大学 副学長
国際医療福祉大学成田病院
病院長 宮崎 勝

日本にいながら、国内外で活躍する医師に

642床の病室と日本最大級の人間ドックセンターを有する国際医療福祉大学成田病院が、2020年3月、成田市に開院しました。
良質な医療を地域の患者様にご提供しながら、アジアを代表する世界的なハブ病院をめざして世界中から患者様を迎えます。
疫学的に多様となる臨床に、病院として安定的に対応できるのは、世界レベルの実績を豊富にもつ医師たちの存在があるからです。研修プログラムには、こうした教授陣や指導医による指導の機会を豊富に盛り込みます。
40ほどの診療科と、世界的な医療課題に取り組む先進的なセンターを設置しますので領域も幅広く、日本にいながらにして、日本と海外の臨床経験を同時に積むことができるまたとない環境となるはずです。
また、本学グループには、当院の他に5つの大学附属病院や、東京の山王病院、山王メディカルセンター、九州の福岡山王病院、高木病院、柳川リバビリテーション病院など多数の関連医療福祉施設があります。
ここに2017年開設の“国内外で活躍できる医師を育成する医学部”、“2018年開設の国際医療福祉大学大学院・医学研究科”が深く連携して、本学グループの教育・臨床研究体制を築いてきました。当院はその中心を担うことになりますが、研修医のみなさんにはその豊かな環境を提供したいと考えています。
“For the patients 患者様本位”に徹し、われわれのチームの一員として情熱をもって臨んでいただける医師のみなさんを、心から歓迎します。

臨床研修委員長ご挨拶

倉橋 清泰

国際医療福祉大学 医学部
麻酔・集中治療医学 主任教授
国際医療福祉大学成田病院
副院長・麻酔科部長・ICU部長
初期臨床研修管理委員長
医学博士 倉橋 清泰

皆さんは晴れて臨床研修医として医療チームの一員となろうとしています。さてその医療チームの中で、皆さんは一番の若年者でしょうか?
医学教育は屋根瓦式といわれていますが、あなたたちには新進気鋭の教授陣を初め優秀な指導医が指導体制を作っています。一方で当附属病院では、既に他病院で1年間のクリニカルクラークシップを終えた本学5年生の学生が配属されています。本学では当初3年間の医学教育において「アクティブラーニングスタイルを取り入れた授業」「医療プロフェッショナリズムやリベラルアーツ系の講義も含め全人的教育をする」など、臨床現場で重要となる教育手法やカリキュラムを多く取り入れ実践しています。そのような教育を受けたモチベーションの高い医学生の直属の上司は誰でしょうか?それがまさしくあなたたち臨床研修医になるのです。皆さんには本学の学生をチーム医療の中で指導する役割も求められることになります。”To teach is to learn twice” by Joseph Joubert. 当院には「教えることで、自らも学ぶ」という皆さんにとっても格好の教育研修環境が整っていると言うことができるでしょう。
成田病院は2020年3月に開院しました。しがらみに捉われずに新しい病院の文化を築く作業に、皆さんにも参加してもらいたいと思っていますー白いカンバスに絵を描くが如くー。当院には、遠隔医療や全個室型のICUなど最新のエビデンスに基づく医療のコンセプトがぎっしりと詰まっています。成田キャンパスにあるアジア最大級のシミュレーションセンターの活用も含めて、本学成田病院での研修を通じて高い臨床能力を身に付け、立派な医師となって育って行ってもらえることを期待しています。

  • 病院見学会
  • 各診療科からのご紹介
  • 関連病院ネットワーク
  • 後期臨床研修のご案内